フグ釣り好機到来 【関東エリアのタックル・エサ・釣り方を解説】

フグ釣り好機到来 【関東エリアのタックル・エサ・釣り方を解説】

冬の人気ターゲットフグが東京湾でシーズンイン。今回は関東エリアの「湾フグ」と「カットウ」釣りのタックル&釣り方を解説する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

フグ釣りのタックル

まずは東京湾でのフグタックルを紹介したい。

フグ釣り好機到来 【関東エリアのタックル・エサ・釣り方を解説】東京湾フグタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

竿

軽いオモリを使う東京湾に適した「湾フグ」用と、茨城や外房「カットウ」用の2種類が存在する。前者はオモリ10号前後、後者はオモリ25~30号。釣行エリアにあった物を選ぼう。

フグ釣り好機到来 【関東エリアのタックル・エサ・釣り方を解説】茨城・外房ショウサイフグタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

リール

クラッチ操作がしやすい小型両軸。なるべく速い巻き上げができるよう、ギヤ比の高いものがベスト。なかでもワンタッチでクラッチのオン、オフが可能なタイプが操作しやすい。

ミチイト

岩礁帯などを狙う茨城・外房ではPEライン1~2号。軽いオモリで砂地などを狙う東京湾・相模湾では同0.8~1号。

サキイトは、取り込み時に竿を立てる目安になるのでフロロカーボンライン4~5号を1m前後結んでおくと便利だ。

仕掛け

エリアや船宿によっては、オモリの上に食わせ用の胴突き仕掛けを接続したものが用いられる。

親バリ

固定されているタイプと遊動するタイプが存在する

カットウバリ

1段式と2段式があり、後者は上のハリで掛け損なったのを下のハリで掛けるという保険的な要素がある。掛かる確率は明らかにアップするが、その分、根掛かりや仕掛けが絡みやすくなるリスクも。

また、フグのアゴの力は驚くほど強く、普通のハリスだけでは簡単にかみ切ってしまう。これを防ぐためには透明のビニールチューブを通して保護するといいが「食いが落ちる」と付けない人も。

仕掛けを自作するのは、案外簡単で楽しいが、初めのうちは船宿に常備している仕掛けを購入するのが無難。

エサ

フグ釣り好機到来 【関東エリアのタックル・エサ・釣り方を解説】アオヤギの装餌(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

エサはアオヤギやエビのムキ身。茨城・外房では前者、東京湾などでは後者が主流。

アオヤギの装餌方法

ワタ(黒い部分)からハリを刺し、次にベロ(橙色)の部分を縫い刺しにし、ハリ軸の上にこき上げる。同様の手順で4、5粒付ける。ぶら下がったヒモなどは食いちぎられやすいので、これも縫い刺しにし、こぢんまりとまとめておく。

一般的にはこれで完了だが、人によっては持参したイカの短冊(幅1cm長さ3~4cmにカットしたもの)をチョン掛けにして止める。食わせ用の仕掛けを併用する場合、そのエサは船に用意されていないことがほとんどなので、好みのエサを持参しよう。

次のページで釣り方を解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。