沖縄で「幸福を呼ぶ魚」フーヌイユの干物作り 正体は人気釣り対象魚?

沖縄で「幸福を呼ぶ魚」フーヌイユの干物作り 正体は人気釣り対象魚?

沖縄では、秋になると「フーヌイユ」という魚が各地で漁獲されています。「福を呼ぶ魚」と呼ばれるこの魚は実は本州でもしばしば見かけるものです。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

人気イマイチの理由

シイラは沖縄だけではなく、太平洋各地の諸地域で人気の高い食材となっています。とくに有名なのがハワイ島で、当地で「マヒマヒ」と呼ばれ高級白身魚として扱われています。

一方で我が国においては、沖縄以外では食用魚としての人気はいまいちと言わざるを得ません。実はシイラは大きく成長する魚ではあるのですが、白身魚なのに鮮度落ちが早く、加えて体表に食中毒原因菌を持っているために生食があまり推奨されていません。これが、魚の生食を尊ぶ我が国であまり人気が出ない理由となっているかと思われます。

沖縄で「幸福を呼ぶ魚」フーヌイユの干物作り 正体は人気釣り対象魚?シイラのフライ(提供:PhotoAC)

また、シイラには漂流物について回遊する習性があり、ときには水死体についているようなこともあるといいます。そのことから「シビトクライ」などと呼ぶ地域もあり、これも食材として人気の出ない理由の一つかもしれません。

ただしイメージはともかく、公平に見て味は良い魚で、新鮮なものを加熱して食べればなかなか乙なものです。1匹から取れる身も多く、今後日本近海の海洋温暖化が進んでいく中で漁獲量が増えることを考えれば、食用としてとても有望なものだと思います。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。