渓流ルアー釣行:ミノーイングで尺イワナを狙う【福井県・九頭竜川】

7月3日、サッカーW杯で日本が敗退。悔しい気持ちを晴らすため、急遽(?)福井県大野市を流れる九頭竜川の支流上部に釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

当日の状況

現地に到着すると、平日ということもあり先行者は見当たらない。準備を整えて川へ降りると、前回よりも水量が多い感じだ。

しばらく林道を歩いて入渓点を目指し、10分ほどで最初のポイントに到着。まずは活性の高い魚から釣っていこうと考えて、流れのある瀬をダウンストリームで攻めることにした。

先発ルアーでファーストヒット

当日のタックル図と使用ルアー。

先発ルアーに『アングラーズリパブリック/アレキサンドラ43HW』のアユカラーをセットして下流にキャスト。リップに水流をかませて小刻みな連続シェイキングで攻めると、魚がチェイスしてくるもフッキングせず。

まだやる気はありそうなので、同じラインをトレースするとヒット。キャッチしたのは23cmのイワナだ。写真を撮ってリリースした後、すぐ上流の淵に釣り上る。

水中を見ると無数の魚が見える。ここはセオリー通りにアップストリームにキャストして連続トゥイッチで攻めると、数匹の中の1匹がチェイスしてヒット。しかしすぐにフックアウト。

悔しいバラシでこのポイントは沈黙してしまったので、諦めて林道をさらに上流に向けて歩きだした。

次ページで狙い通りの嬉しいヒット!