秋の『ボートシーバス』攻略法 数狙い・型狙いそれぞれのコツとは?

秋の『ボートシーバス』攻略法 数狙い・型狙いそれぞれのコツとは?

カタクチイワシの入港とともにシーバスの活性が爆上がりな衣浦港。今回はそんな秋のシーバスゲームで、数釣りを楽しむ方法と、大型を狙い撃ちする方法を紹介したいと思います。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

秋のボートシーバスの特徴

冬の産卵に備えてベイトを爆食いして栄養を蓄える時期と言われているのが、秋のシーバスパターンです!30cmくらいの小型シーバスから50cmくらいの中型、70cmオーバーの大型と様々なサイズのシーバスが混在するため、数は釣れるけどサイズを出すのが難しい時期です!

パターンとして数狙いで沢山のシーバスからバイトを得る釣り方と、大物勝負の型狙いで1発デカいのを狙うパターンの二極化が進んでいるイメージです。

使用するルアー

秋の『ボートシーバス』攻略法 数狙い・型狙いそれぞれのコツとは?使用するルアー(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

基本的に捕食のレンジが浅いことが多いので、水深0.5~1.5mを潜るミノーを多用します。

サイズとしては7~10cmほどを使っていて、ベイトサイズも大体ルアーと同じくらいです。

秋の『ボートシーバス』攻略法 数狙い・型狙いそれぞれのコツとは?ベイトとの比較(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ストラクチャー狙い

狙いのポイントは、基本的にはストラクチャー周りの潮通しがいいエリアを狙います。

秋の『ボートシーバス』攻略法 数狙い・型狙いそれぞれのコツとは?シーバスのポイント(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

活性の高いシーバスは基本的にストラクチャーの潮上にポジションしていることが多いので、潮の流れ方を想像しながらボートを潮上に置くことをセオリーとしています。

秋シーバス数釣り攻略

まずは数釣りパターンから紹介します。

時間帯・潮回り

秋の『ボートシーバス』攻略法 数狙い・型狙いそれぞれのコツとは?数釣れる小型シーバス(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

サイズ問わずたくさんのバイトを得たい!という場合は朝一から午前中の下げ潮がよく効くエリアを狙います。つまり下げ潮の場合に潮が抜けるストラクチャー狙いが基本です。

バイトの出やすい場所

基本的にストラクチャーの潮が1番当たるエリアにルアーがトレースできるようにらキャストして、リトリーブします。こうすると群の中で1番活性の高いシーバスから釣っていくことができます。

次のページでは「型狙い」を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。