今さら聞けないルアー釣りのキホン タモジョイントの『塩噛み』対策

今さら聞けないルアー釣りのキホン タモジョイントの『塩噛み』対策

タモの折りたたみなどに使用するタモジョイント。この部品ですが、劣化して交換しようしても、外れないことがあります。原因は、多くの場合、「塩噛み」。きれいに取り外すためには、熱湯とサビ取り剤が必要です。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

タモジョイントが破断

筆者の直近の経験なのですが、先日、釣り場でタモジョイントが突然断裂しました。

今さら聞けないルアー釣りのキホン タモジョイントの『塩噛み』対策断裂したタモジョイント(提供:TSURINEWSライター井上海生)

部品的にも一番細い、いかにも弱そうな部分の断裂です。こうなってしまうと釣り場では無用の長物と化してしまうので、往生しましたが、まあその日はでかい魚も幸か不幸か釣れなかったというかバラしたので、いいとしましょう。

しかし、問題は、交換です。普通に外そうとしても、まったく回りません。

原因は塩噛み

サビ取り剤を吹いてレンチで回して、とやってみたのですが、ある時点から一向に進まなくなります。ここで、理解しました。「原因は、塩噛みだ」「タモジョイントの塩抜きが全然できてなかったんだ」と。

これ以上、レンチの力でやると、シャフト側のねじ切りが潰れてしまう危険があるかもしれません。ということで、力ではなく、頭を使うことにしました。塩を溶かすには、そう、熱湯です。

塩噛みしたタモジョイント外し方

以下、塩噛みしたタモジョイント(などの金属部品)を外す手順を紹介します。

必要なものは、熱湯と湯を入れる容器、そしてサビ取り剤、レンチです。

1、熱湯につける

塩分は熱湯で溶けます。そこでお湯を沸かして、そこにタモジョイントを浸けました。

今さら聞けないルアー釣りのキホン タモジョイントの『塩噛み』対策タモジョイントを熱湯に(提供:TSURINEWSライター井上海生)

2、5分放置

湯につけた状態のまま、5分ほど放置します。

3、サビ取り剤を吹く

お湯から取り出して湯を切り、自然乾燥させたら、サビ取り剤を吹きます。

今さら聞けないルアー釣りのキホン タモジョイントの『塩噛み』対策サビ取り剤を吹く(提供:TSURINEWSライター井上海生)

4、5分放置

サビ取り剤が浸透するまで、5分程度放置します。

5、レンチで回す

最後はレンチで回すだけ。塩が溶けてサビが浮き、簡単に回るようになります。

次のページでシャフト内部を確認してみると・・・

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。