船イシダイ釣行:船中15尾超えの好釣果!【愛知県・伊良湖沖】

今回紹介するのは船のイシダイ釣り。磯の大物釣りの代表的なターゲットだが、なかなか巡り会えない魚として有名だ。しかし、船から狙えば出会える確立はグッと高くなる。6月28日、愛知県・南知多町片名漁港から出船している直栄丸に乗り、珍しい船のイシダイ釣りを取材した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

序盤はサンバソウがヒットするも・・・

午前6時過ぎに伊良湖沖のポイントに到着したが、当日は風向と潮の流れが合わず、しばらく待機が続いた。

船のイシダイ釣りは、起伏のある岩礁底の凹の部分を狙っていくピンポイントの釣りなので、船の位置付けが重要なのだ。

伊良湖沖の大物を狙い、直栄丸で出発!

待つこと30分ほど、ようやく船の位置が安定し、実釣が開始された。
ほどなくして左舷大ドモにいた村山さんにヒット。

30cm弱のサンバソウが挨拶に現れた。

その後もポツポツと釣果が上がったが、残念ながら釣れてくるのは同型のサンバソウ。食べるには一番美味しいサイズらしいが、狙いはやはりイシダイ級。60cm前後の大物が狙えることを、メンバーみんなわかっているため、苦笑いが続いた。

次ページでいよいよイシダイ登場!