【福岡】オフショアルアー最新釣果 18kgオーバー特大ヒラマサ参上

【福岡】オフショアルアー最新釣果 18kgオーバー特大ヒラマサ参上

福岡県からオフショアルアーの最新釣果情報が入った。秋のハイシーズン突入で、キャスティングの青物にジギングやタイラバのマダイで大型連打!ティップランのアオリに五目SLJにも注目。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:優)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

Elephant

10月24日、北九州市・小倉港のElephantがタイラバ・SLJで響灘に出船すると、良型マダイ65cm頭に27尾を好捕。ほかにもアオナは数釣れており、ネリゴ、ヒラゴ、ハマチ~ヤズなど青物の食いも活発だったようだ。釣果詳細は同船ホームページおよびFacebookで確認を。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 18kgオーバー特大ヒラマサ参上マダイ65cm頭に27尾手中(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

海燕

10月24日、北九州市・小倉港から案内中の海燕がタイラバ・ジギングで響灘に出船すると、この日は魚種多彩な土産ができたようで、船中ではマダイ2kg、レンコ、ホウボウ、アオナ、イトヨリ、カイワリ、ヤズ3~4kg、ヒラゴ1.5kgなどを交え釣る人はクーラー満タン釣果を得ている。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 18kgオーバー特大ヒラマサ参上魚種多彩にキャッチ(提供:海燕)
▼この釣り船について
海燕
出船場所:小倉港
TEL:090-1971-1254

千春丸&蛭子丸

10月21日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸&蛭子丸の案内で芦屋沖へティップランで出船した坂本さんグループは良型アオリイカを見事に仕留めた。また、SLJではヒラメ、ヒラマサ、ヤズ、根魚などがヒット中。落とし込みでもヒラマサ、ヒラメ、根魚など好ヒットが続いている。タイラバではマダイ、根魚など多彩に土産も狙いめ。各種出船予約受け付け中。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 18kgオーバー特大ヒラマサ参上良型アオリを見事仕留めた(提供:千春丸&蛭子丸)
▼この釣り船について
千春丸&蛭子丸
出船場所:柏原漁港

SEASON

10月24日、福岡市西区唐泊のSEASONが玄界灘のタイラバ・ジギング便で出船。大型高速船に換えての初出船。風は強めながらも船が大きく釣りが成立し、タイラバでマダイは70cm、60cmサイズがキャッチされて、アマダイやイトヨリ、アオナなど。ヒラマサやヤズなど青物にスマガツオ、シイラなどはジギングにヒットしている。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 18kgオーバー特大ヒラマサ参上マダイ70cm級が上がった(提供:SEASON)
▼この釣り船について
SEASON
出船場所:唐泊漁港

10月15日、福岡市中央区港かもめ広場前からが玄界灘のジギング・キャスティングの1泊2日ツアーで出船。毎度、大好評のツアー。初日から18.37kgのデカマサがキャッチされている。キャスティングをメインにして釣り開始からルアーへのチェイスやバイトが多く、デカマサ12.35kgが上がり、13.15kgが追加されている。良型のヒラマサも釣り上げられて、ヒラゴはリリースされた。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 18kgオーバー特大ヒラマサ参上デカマサ18.37kg堂々浮上(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年11月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。