沖堤防での石物釣りで2kgイシガキダイ手中 ガンガゼの丸掛けにヒット

沖堤防での石物釣りで2kgイシガキダイ手中 ガンガゼの丸掛けにヒット

大江(熊本県天草市)で、イシガキダイが釣れ始めた。まだ数は少ないが、釣果は右肩上がり。9月上旬に釣行したときの様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

イシガキダイ釣り

大江のイシガキダイは秋から初冬によく釣れ、ガンガゼ(ウニ)をエサにしたブッ込み釣りで狙う。型は1~2kgと小ぶりながらも、脂がのっておいしい。

当日は午前5時に大江漁港に到着。船長によると「沖磯を希望する人が多いため、あまりいい場所がない」と言う。そこで私は同港の離れ波止に渡ることにした。

沖波止でイシガキダイ狙い

港からわずか5分で同波止に着き、準備に取りかかる。ハリは刺さりがよくて強固な石鯛ワイヤーを選択し、これにエサを刺す。最初の1投は、ウニの剣を切って殻を割り、匂い効果に期待する。

沖堤防での石物釣りで2kgイシガキダイ手中 ガンガゼの丸掛けにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

まずはサオ下6mのタナで、置きザオにしてアタリを待つが、ピクリともしない。攻める方向やタナを変えながら、反応がある場所を探るうちに14mのタナで小さい魚信が出た。

仕掛けを回収すると、エサがない。同じ要領で攻めると、サオ先にガツガツと強めのアタリ。だが、食い込まずエサが取られる。そこでガンガゼの剣を切らず、丸掛けにした。

丸々と肥えた2kg級浮上

その1投目。サオ先にガクンガクンとアタリがあると同時におさえ込んだ。次の瞬間、一気に魚が走り、大きくアワセを入れると乗った。

魚は勢いよく真下に潜り、これをサオでためてリールを強引に巻くと、横に走りだした。本命と確信し、魚との距離を詰める。水面を割ったのは丸々と肥えた2kgほどのイシガキダイだった。

沖堤防での石物釣りで2kgイシガキダイ手中 ガンガゼの丸掛けにヒット2kg級イシガキダイゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

連打を期待したが、その後は魚信がなく、正午に納竿。船長にほかの釣況をたずねると、1~1.5kgを釣る人で2、3尾。たまに2kg前後の本イシ(イシダイ)も交じるというから、現地の秋イシも本番だ。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大江の沖波止
渡船:英光丸
出船場所:大江漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。