ボートロックゲームでアカハタ20尾超 和製ルアー「インチク」効果絶大

ボートロックゲームでアカハタ20尾超 和製ルアー「インチク」効果絶大

静岡県西伊豆の宇久須港から、釣果情報のないハタ釣りに初心者同行で出かけてみた。はたしてハタは釣れるのか?当日の模様をレポートしたい。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

宇久須港の概要

西伊豆町田子の先にある巾着型の港で、少々の西風が吹いても湾内は風が当たらない良港、それが宇久須港だ。自然の入り江を利用した静かな港で、地形的にも、水深もある。

釣りのターゲットとしいては、大物は期待できないがアオリイカなどの実績は十分だ!自然に囲まれた静かな場所で、ファミリーやカップルには最適な釣り場と言える。近年、アオリイカの産卵床を入れ、期間的にアオリイカ採取ができなくなっている ので注意が必要。

和製ルアー「インチク」とは

今回、「インチク」という仕掛けを使用しての釣行となった。タイラバなどと同じように、「インチク」とは漁師が使っていた漁具を進化させた和製ルアー。砲弾のような鉛に、ラバー製の「タコベイト」が付いている特徴的な形をしている。鉛のシルエットとタコベイトの揺らめきによって魚にアピールし食わせる釣法だ。

様々な魚種が狙える

エサを必要としないため、エサ代はもちろん、エサ付けの面倒くささなどがなく非常に効率的に釣りをすることができる。少しキャストしフォールさせるもよし、真下に落として探るもよしといった道具だが、伊豆の界隈ではそれほどめぼしい釣果を聞いたこともなく、当初は半信半疑での釣行となった。

いろいろな誘い、激しく底をたたいたり、巻き上げスピードやピッチなどアレンジしたりすれば、いろいろな魚種が狙える、ある意味万能なルアーと言われているが、さて、伊豆での釣果はいかに?

ボートロックゲームでアカハタ20尾超 和製ルアー「インチク」効果絶大テンヤ(上)とインチク(提供:TSURINEWSライター野中功二)

当日状況とタックル

当日はあいにくの小雨だが、海は穏やか。北東の風が吹くも伊豆半島の西面はほぼ凪。

この日、準備したタックルは、SlowEmotionB603、SCRAMBLE B692-T、ベイトリール1500番に使用ラインはX8プロ0.8号、テンヤ用はエギング8ft台の少し硬めのサオを準備した。

インチク仕掛けと釣り方

使用した「インチク」はインチク ソルティー・ベイト(60g/80g/100g)ロックフィッシュジグを使用した。同行した初心者君はMYロッドで挑戦だ。初心者にはエサ仕掛けの一つテンヤ10号をチョイス。重たい物で確実に底を感じることから始めた。

もう1人は「インチク」スタートで、まずはリフト&フォールで探る作戦、伊豆ではスロージギングなどの釣りでのターゲットはよく耳にするが、この「インチク」ではあまり聞いたことがないのが現状だ。

次のページではインチクに良型がヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。