侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【夏タチウオ釣果向上法】

今日の問診票

夏タチウオはゲーム感覚、ライトタックルで楽しめる大好きな釣りですが、アタリが出てもなかなか針掛かり出来ません。上手い方のハイピッチなシャクリを真似してみるもののやはり同じようには釣れません。何かアドバイスよろしくお願いします。

近藤 惣一郎
近藤 惣一郎

医学博士・京大卒。SOグレイスクリニック院長。脳外科・美容外科専門医。DAIWA沖釣りフィールドスタッフ。ロンリー侍ドクターとして各種メディアで活躍中。

近藤 惣一郎の担当記事を読む
×閉じる

船釣り エサ釣り

診断結果

そうですね。夏タチウオはタナも浅く、入門者でも気軽に楽しめる釣りです。タナが浅いということは、釣り人がラインを介し魚信を捉えやすい反面、ロッドに加えられた操作が深場よりもよりダイレクトに餌に伝わるということです。だからこそ、タチウオの捕食行動を理解し、海中のタチウオと餌の動きをしっかりイメージして、繊細で丁寧な操作を行えるか否かでベテランと初心者に釣果の差を出しやすいのです。

処方箋

とかくシャクリ方のみに目がゆきがちですが、大切なことは、海中で小魚に似せて動かしている餌の動きが実際どうなっているかです。そのためにはシャクリ方以外に、当日の水深や潮の速さにとって選択する錘サイズを踏まえたロッドの調子がとても重要になります。その上でその日の条件にマッチした餌の動きを海中で演出することが夏タチウオで釣果を伸ばすポイントです。またシャクルことに気をとられすぎ、ただ動かし続けてラインに糸フケが出来ているようではアタリもとれず、フッキングも出来ないのです。

それでは具体的に説明していきましょう

次ページから詳細解説スタート!