石物釣りでイシガキダイ8尾 小さなアタリへの「掛けアワせ」がキモ?

石物釣りでイシガキダイ8尾 小さなアタリへの「掛けアワせ」がキモ?

釣友たちと船を貸し切り、壱岐の芦辺漁港の沖波止へシダイ狙いで釣行。小さなアタリを掛けアワせるパターンで、3人でイシガキ8尾と全員安打となった釣行をリポートする。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

沖堤で石物狙い

緊急実態宣言の発令前に人混みを避け、小川さんと横山さんと私の3人で船を貸し切り、壱岐の芦辺漁港の沖波止へ時短イシダイ狙いで釣行。なじみの渡船を利用して約40分で沖波止に到着。磯とは違い足場の良い階段でアプローチ。

石物釣りでイシガキダイ8尾 小さなアタリへの「掛けアワせ」がキモ?タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

まきエサで寄せる

早速サオ出しとしたいが、底物のまきエサが肝要!そのため固形まきエサのデカバンを足元に10杯。20m沖に5杯まき、魚を寄せるイメージ。まきエサがなじむ時間にまき、仕掛けをセット。エサのガンガゼをつけてキャスト。

石物釣りでイシガキダイ8尾 小さなアタリへの「掛けアワせ」がキモ?ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

しかし、どうも雲行きが怪しい。遠くで雷が光った数分後、突風とともに生まれてこの方、経験のない滝修行級の豪雨に見舞われた。立っていられないほどの雨に、釣りをいったん中止し灯台下に避難し雨宿り。

繊細なアタリ感じ数釣り

雨雲も去り釣り再開。するといきなり横山さんに良型イシガキがヒット。これを皮切りに全員のサオに「コツコツ」アタリがあるもハリ掛かりしない。

そこで、サオを手持ちにして感度の良いPEラインを指で押さえ、伝わる振動から海中の様子を想定し、掛けアワセを入れると確かな手応え。アワセを入れ、私も良型のイシガキをゲット。

石物釣りでイシガキダイ8尾 小さなアタリへの「掛けアワせ」がキモ?イシダイもキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

最終釣果

釣り方が分かればあとは数釣り。納竿まで3人でイシガキ8尾と全員安打となった。まだまだ我慢のときだが、コロナ終息後には釣りを思う存分楽しんでいただきたい。

石物釣りでイシガキダイ8尾 小さなアタリへの「掛けアワせ」がキモ?釣果の一部(提供:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

<週刊つりニュース西部版APC・森正和/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
芦辺漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。