子供と一緒が楽しい「小物釣り」 ハゼにブラックバスにブルーギル連発

子供と一緒が楽しい「小物釣り」 ハゼにブラックバスにブルーギル連発

家族で愛知県愛西市にある立田大橋(木曽川)へハゼ釣りへ行ってきた。ハゼはもちろん、大江川では残ったハゼのエサで、バスにブルーギルが入れ食いとなった釣行をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

木曽川でハゼ釣り

8月25日、近場でハゼなら釣れると思い、愛知県愛西市にある立田大橋(木曽川)へ釣行した。

アオイソメ30gを購入し、午後3時30分ごろ到着。タックルは子供でも簡単に釣れるよう、ノベザオに玉ウキ、ハリ1つ。干潮から上げのタイミングもあり、テトラの下まで降りてスタート。

ウキを何回も流していると時折玉ウキが動く。聞きアワセを教えると、お姉ちゃんが早速ヒット!子供たちのテンションが上がる。

弟も早く釣りたいとタックルをセッティング後、流すも簡単には釣れない。丁寧に流すこと、ウキをしっかり見ることを教えると釣れ出した。

子供と一緒が楽しい「小物釣り」 ハゼにブラックバスにブルーギル連発ハゼの季節はこれからだ(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

入れ食いとまではいかないものの、飽きない程度に釣れ、水が増えテトラが見えなくなったため、安全を考え終了。1時間で12匹。

子供と一緒が楽しい「小物釣り」 ハゼにブラックバスにブルーギル連発1時間でこれだけの釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

大江川で小物釣りに転戦

しかし、子供たちは納得しない。アオイソメも余っていることもあり、大江川でブルーギルでも釣ってもらおうと移動。

ハゼ釣りの仕掛けそのままでスタート。ブルーギル、ブラックバスが、ほぼ入れ食い状態。

子供と一緒が楽しい「小物釣り」 ハゼにブラックバスにブルーギル連発サイズは出なかったがバス入れ食い(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

30分でブラックバス15~23cm8匹、20cm前後のブルーギル11匹と楽しい時間を過ごした。生きエサで釣ったことがなかったため、サイズは小さいが爆釣にビックリした。

子供と一緒が楽しい「小物釣り」 ハゼにブラックバスにブルーギル連発ブルーギルも入れ食い(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

ハゼは秋となりサイズアップが期待され、エサで釣るブラックバス、ブルーギルは子供たちには楽しい釣りとなるため、チャレンジしてはどうだろうか。ただし、ハリは飲み込まれるため、ハリ外しは必ず持参しよう。

<週刊つりニュース中部版APC・小松健次/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
木曽川・立田大橋
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。