寄せエサ使用のクロダイ2大釣法『ウキダンゴ』と『フカセ』を徹底比較

寄せエサ使用のクロダイ2大釣法『ウキダンゴ』と『フカセ』を徹底比較

ウキダンゴ釣りとフカセ釣りは仕掛けのレイアウトがとても似ていますが、釣り方やさしエサを食わせるまでのプロセスは大きく異なります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ウキダンゴ釣り

ウキダンゴ釣りは「紀州釣り」とも呼ばれる釣り方で、クロダイ釣りならではのダンゴエサを使用することが特徴です。

寄せエサ使用のクロダイ2大釣法『ウキダンゴ』と『フカセ』を徹底比較紀州釣りのダンゴ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

ダンゴはさしエサを海底までスムーズに届けつつ、集魚や警戒心を解く役割も担います。棒ウキや寝ウキの動きでダンゴが割れる瞬間やアタリを捉えるので視覚的にも楽しい釣り方です。

フカセ釣り

クロダイのフカセ釣りは全国的に人気がある釣り方で、まきエサで集魚しつつ軽い仕掛けを潮に乗せてアタリを待ちます。

寄せエサ使用のクロダイ2大釣法『ウキダンゴ』と『フカセ』を徹底比較フカセ釣り仕掛け操作中(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

まきエサが潮に流されることで遠くからクロダイを寄せられるだけでなく、状況によってはウキを沈めて表層の流れを突破するといった臨機応変な対応ができることも強みです。

2大釣法の違い

ウキダンゴ釣りとフカセ釣りの違いについて考えてみましょう。

狙えるタナ

ウキダンゴ釣りはダンゴを使用することで海底付近をダイレクトかつ集中的に狙えます。底付近が基本のタナとなるクロダイ狙いではとても効率的な釣り方といえるでしょう。

寄せエサ使用のクロダイ2大釣法『ウキダンゴ』と『フカセ』を徹底比較本命狙い打ち(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

一方のフカセ釣りは上層から底まで幅広いタナを狙えることが特徴で、活性が高く底から浮き気味のクロダイも逃すことなく狙えます。

「ステージ」の作られ方

ウキダンゴ釣りとフカセ釣りはどちらも魚を寄せる「ステージ」作りが重要です。ウキダンゴ釣りならダンゴエサ、フカセ釣りはまきエサで狙いのポイントに魚を呼び込みます。

寄せエサ使用のクロダイ2大釣法『ウキダンゴ』と『フカセ』を徹底比較フカセ釣りで使う配合エサ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

ダンゴエサであれば狭い範囲や狙った場所へ集中的にクロダイを寄せることができ、まきエサなら潮流を利用してダンゴエサより広範囲を狙うことが可能です。

さしエサの保護と食い込み

ダンゴエサの利点として「さしエサの保護」が挙げられます。エサ取りが大量にいるような状況下でもダンゴがさしエサを守ってくれるので柔らかいエサでもタナまで届けられることは大きな利点です。

一方、フカセ釣りのまきエサはさしエサの違和感を軽減する効果があります。食いが渋いクロダイでも口を使う可能性が高くなるので、警戒心が強い大型やノッコミシーズンの魚も攻略可能です。

次のページで状況別の使い分け術を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。