トラウト釣りの新潮流『レイクジギング』入門解説 タックル流用は可能?

トラウト釣りの新潮流『レイクジギング』入門解説 タックル流用は可能?

レイクジギングの歴史はそんなに長くありません。そのため、専用タックルも充実してません。今回は流用タックルの必要条件について解説してみましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

レイクジギングのタックル

レイクジギングは始まったばかりの新しい釣りです。そのポテンシャルは未知数で、それぞれのアングラーが試行錯誤しながら取り組んでいます。まだ、釣具メーカーでも、専用タックルを出してはいませんので、他の釣り用のロッドを使用している段階です。

この先、レイクジギングの認知が進み、愛好者が増えれば、当然、レイクジギングに特化した商品が発売されるはずです。今回は、レイクジギングタックルに求められる要素を考えながら、どんなタックルが使いやすいか?を考えてみたいと思います。

レイクジギングの好機は夏

レイクジギングは比較的、新しい釣りです。ジギングと言えば、海でやる釣りのイメージですが、湖での大型トラウト狙いではダイレクトにレンジを狙うことが出来るので、効率的な釣りが可能です。

トラウト釣りの新潮流『レイクジギング』入門解説 タックル流用は可能?大型のイワナにご満悦(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

特に表面水温が上がりきった夏場はキャスティングでは攻略し難いレンジまでトラウト達の泳層が下がりますので、ジギングには逆にレンジを掴みやすくなり好条件となります。逆に湖の中がトラウト達の適水温となれば、魚達が動き回るためにレンジを絞りにくくなるためにジギングでは狙い難くなることもあるでしょう。

タックルの必要条件

湖でのジギングで用いられるジグはおよそ100g未満、狙う水深は50メーター以浅とすれば、使用出来るタックルは沢山あります。

軽量であること

ロッドを振り続ける釣りになりますので、タックルバランスが良くて軽量、シャープな振り感のものが良いと思います。

操作感

さらに感度の良さと軽快な操作感があればなお良いです。

アタックへの対応

トラウトのジグへのアタックは強めに当たってくるカウンターバイトが多いので、ロッドは魚を弾かずに上手く乗せることができ、なおかつ、ジグを操作する時にもたつかないティップセクションが望ましいです。もちろん、バイトがあればフックセットに必要なパワーもなくてはなりません。

流用できるタックル

ロッドパワーとジグウェイトのバランスでジグの操作感は変わってきますが、しゃくり続ける釣りですので、気持ちの良い操作感を得ることは疲労面や集中力を持続するために大切です。

ジグの形状でも、水カミが変わってきますので、使用するジグに合わせたロッドパワーが大切だと思います。ボートが流れない状況、逆にボートがよく流れてドリフトする状況ではそれぞれ、使いやすいタックルも違ってきます。

レイクジギングに使用出来そうなタックルとしては、バスタックル、ライトジギングタックル、SLJタックル、タイラバタックルなど、さまざまなタックルが使えそうです。

次のページは筆者のレイクジギングタックルを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。