活きイカ泳がせ釣りでアラ(クエ)狙い 11.3kg本命ほか128cmヒラマサ

活きイカ泳がせ釣りでアラ(クエ)狙い 11.3kg本命ほか128cmヒラマサ

早福港の吉栄丸でアラ(クエ)狙いに出かけた。活きイカの泳がせ釣りで狙い、釣友が本命11.3kgに大マサ128cmをキャッチした釣行をリポートする。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 中村義博)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

吉栄丸でアラ(クエ)狙い

平成19年から通い続けている早福(長崎県平戸市)のアラ(クエ)釣りの季節がやってきた。我が釣りクラブ「離島遠征会」はこの時期、早福港の吉栄丸で6~8月と通い続ける

6月1日は、私と文沢さんで挑戦。私がアラ15kg、8kg、6kgの3尾、文沢さんがヒラメ88cmを釣り納竿。6月4日は、私と福田さん、岡村さん、加藤さんの4人で挑戦。私はアラ15kg、10kg、5kgの3尾を釣り納竿。7月18日はアラ11kgと小アラで納竿。さて、8月2日は私と岡村さんで釣行。ドラマも起こった。

なんと84歳のクラブ員・加藤さんの3人で、前日から平戸の民宿に泊まり、午前4時30分に吉栄丸に乗り込む。ここでは船長が仕掛けを作ってくれるので、サオ・リール・オモリだけ用意すればいいのでとても助かる。

11.3kgの大型アラ浮上

5時に出船し、約1時間で最初のポイントに到着。船長が各自にエサとなる活きイカを付けていく。「いいよ~」の合図で釣り開始。と、同時に岡村さんに強烈なアタリ。80号のハリスが瞬殺されるバラシで始まり、2投目には私にも強烈なアタリがでたが、これもバラシ。

ポイントを変えると、加藤さんにアラ特有のアタリがでて、難なく上がってきたのは5kgの小型。

それから次のポイントに移動すると、左舷後方で釣っている加藤さんにアタリ。「わぁ~」という声に振り向くと、サオは海中へ一直線に突き刺さっている。すぐさまヘルプに向かい、根から引きずり出し、なんとか11.3kgのアラをゲットし、次のポイントでも再び加藤さんに小アラがヒットした。

活きイカ泳がせ釣りでアラ(クエ)狙い 11.3kg本命ほか128cmヒラマサ大型アラを仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版 中村義博)

128cm17.2kgの大マサも登場

それからポイントをいくつか移動し、船長の「いい反応が出ているよ」の声に期待が高まる。私は左舷後方で釣りをしていて、また加藤さんの方からガタガタと音がするので振り向くと、完全にのされている。

必死にやり取りする加藤さんに「巻け巻け!」と声をかけるが魚の引きがおかしい。底を切ってもガンガンと強烈な引きが加藤さんを襲う。「これはアラやないど。青物や~、それもデカいで~」という。何度ものされながら必死にリールを巻く。浮いてきた魚はヒラマサ、それもデカい。

活きイカ泳がせ釣りでアラ(クエ)狙い 11.3kg本命ほか128cmヒラマサ圧巻の大マサ手中(提供:週刊つりニュース西部版 中村義博)

なんとかタモに入れ引きずり上げる。128cm17.2kgのデカマサを84歳の加藤さんがドラグガチガチの力と力のガチンコ勝負で釣り上げたことに船長も大喜び。

みんなで「これはギネスもんやでえ」と話し、本人も大満足したところで納竿とした。

<週刊つりニュース西部版 中村義博/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:吉栄丸
活きイカ泳がせ釣りでアラ(クエ)狙い 11.3kg本命ほか128cmヒラマサ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年8月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。