テナガエビ釣行:3人で140尾の大満足釣果!【佐賀県・嘉瀬川河口】

6月中旬、今回の釣行は田植えが始まる数日前のタイミングに、この季節が旬の釣って楽しい、食べておいしいテナガエビを狙いに、佐賀県嘉瀬川河口へ同行者3人で向かった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

3人で大満足の140尾!

手軽で楽しいテナガエビ釣り。

先ほどの反応から「流れ」がキーだとわかり、酸素供給豊富なインレットのポイントへ移動。

流れの中で10尾、流れの淵で20尾近く釣り上げ、流れのヨレが絡み流量がある場所では数秒でアタリがでていた。

ここで効率を上げるためにテンポアップするが、アタリがでてから15秒ほどでサオを上げるとバラシが続出。やはり30秒以上じっくり待つことでハリが口の中に入り、掛かることがわかった。これは良い収穫だ。

水温上昇のため午前中のみの釣行だったが3人で140尾を釣り上げ大満足で終了となった。

本日の感想

今回の釣果。

今回は、この雨の時期でも手軽に楽しめ、数釣りで効率を上げていくゲーム性もあるテナガエビ釣りを楽しんだ。

産卵の時期に深場から上がり、汽水域まで降ってくるのでエリアも絞りやすいと思う。

梅雨明け以降は、今回の釣行よりさらに流れに依存するであろうテナガエビ。よりポイントも絞りやすくなるので、ぜひ、皆さんも楽しんでみよう。

<総合学園ヒューマンアカデミー福岡校 フィッシング環境大学部 3年柳原広大/TSURINEWS編>

▼アクセス
嘉瀬川
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年7月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。