孫連れて岸壁サビキ釣りで夕涼み 25cm頭にサバ12尾の釣果に満足

孫連れて岸壁サビキ釣りで夕涼み 25cm頭にサバ12尾の釣果に満足

8月4日、夕涼みがてら神奈川横浜の根岸湾へサバ釣りに出かけた。当日はサビキで狙ったが、コマセが効くと入れ食いになり、20~25cm12尾の釣果を得た釣行をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

根岸湾でサビキ釣り

8月4日、熱中症を避け、夕涼みがてら神奈川横浜の根岸湾へ孫たちとサバ釣りに出かけた。釣り場到着は17時30分ごろ。前日、知人が入れ食いだったという港岸壁の中央付近へ。釣り人はいるが、誰も釣れている気配はない。この日は若潮で満潮が15時55分、干潮は20時31分。

孫連れて岸壁サビキ釣りで夕涼み 25cm頭にサバ12尾の釣果に満足ポイント周辺の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

オモリ負荷15号の3m振り出し竿に小型スピニングリール。ミチイトPEライン1号、ウキ止めを約1.5mに付け、飛ばしウキをセット。白ハモ皮5号サビキの一番下に、10号オモリが埋め込まれているコマセカゴ付きの市販仕掛けを使用。

25cm級サバ登場

20mほど沖へキャストし、竿を軽く振ってコマセをまく。魚を寄せるため、手返しよく続けると30分後、丈くん(小2)にアタリ。25cm級のサバが上がる。「ウキをピョコン、ピョコン踊らせて誘っていたらウキが一気に沈んで見えなくなった」、「急いでリールを巻いたらいい引きだった」と興奮気味。

孫連れて岸壁サビキ釣りで夕涼み 25cm頭にサバ12尾の釣果に満足釣り人の姿はポツポツあった(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

コマセカゴに入れたアミコマセはすぐに出てしまうので、手返しのときゆっくり誘いながら回収する作戦が見事に当たる。

その直後、左隣の友人にも同級が上がり群れが接岸。5mほどの手前でもアタリがきて、魚群が右往左往する波紋が見えだした。こうなるとノベ竿でも釣れそうだ。

今年は群れが濃く、いい日に当たれば入れ食いを楽しめる。夜が深まるとタチウオも入ってくるのでルアーで狙える。

最終釣果

18時30分、夕マヅメのクライマックスに突入。2本竿の両方にアタリがでて、弟の佑くんが巻き上げて20cm級。潮はほとんど動いていないなか、ポツポツと釣れて、周囲が暗くなりウキが見えなくなった19時に納竿。

根岸湾は港内で釣りができる数少ない場所だが、仕掛けなどのゴミや岸壁上のコマセを洗い流していないのが目立っている。これらがひどくなると釣り禁止になってしまうので、最低限のマナーは厳守したい。

孫連れて岸壁サビキ釣りで夕涼み 25cm頭にサバ12尾の釣果に満足夕マヅメに20cm級ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

釣果は20~25cm12尾。いつもはリリースサイズだが、子どもたちには大物なので持ち帰る。すべてマサバだが、脂は乗っていないので、酢じめとフライにして食べた。

<週刊つりニュース関東版APC・野田栄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
根岸湾
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年8月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。