初挑戦の『SLJ』でイナダ 青物らしい強引を堪能【千葉・広布号】

初挑戦の『SLJ』でイナダ 青物らしい強引を堪能【千葉・広布号】

父親と外房大原の広布号からスーパーライトジギング釣行。初挑戦の釣りで初めての魚・イナダをキャッチしたので、その模様をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 寺岡奈央)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

広布号でスーパーライトジギング

7月23日(金)、父親と外房大原の広布号からスーパーライトジギング釣行。初挑戦なので、前日からジグやプライヤーを購入。ワクワクで乗船。

午後船なので11時半に出船。しばらく走った釣り場でジグを落とすも反応なし…。

初挑戦の『SLJ』でイナダ 青物らしい強引を堪能【千葉・広布号】大原港略図(作図:週刊つりニュース関東版 寺岡奈央)

イナダと初対面

隣の人がヒットさせているのを見て、自分の技術不足を感じながらも、シャクッているとググッと竿先が引っ張られ、青物特有の走りでヒット中も楽しい~。

やや格闘しながらもイナダをゲット。ジグで釣った経験がなかったので喜びは倍増。

初挑戦の『SLJ』でイナダ 青物らしい強引を堪能【千葉・広布号】イナダを仕留めた筆者(提供:週刊つりニュース関東版 寺岡奈央)

父にはマダイ

私に続き、ほかの人たちもイナダを次々に上げて盛り上がっているなか、父親の竿にアタリ。青物のような走り方はせず、上がってきたのはマダイ。

大好きな魚の登場に父も私も大興奮。その後も、父は同魚を連釣しました。

初挑戦の『SLJ』でイナダ 青物らしい強引を堪能【千葉・広布号】マダイを連釣(提供:週刊つりニュース関東版 寺岡奈央)

初の釣りと魚で充実

以降はアタッてもフッキングさせることができず時間切れ。しかし、帰船中にナブラを発見した船長が、5分だけジグを投げさせてくれて、ここでイナダを上げた人も。

初のSLJでしたが、イナダを釣ることができ、船上や沖上がり後の雰囲気も良くて充実した釣行になりました。 

マハタが釣れることもあるらしいので、またチャレンジしたいです!

初挑戦の『SLJ』でイナダ 青物らしい強引を堪能【千葉・広布号】ヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版 寺岡奈央)

<週刊つりニュース関東版 寺岡奈央/TSURINEWS編>

▼この釣船について
広布号
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年8月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。