【2021宮城】シーズン突入の夏タチウオ入門:タチウオカッター対策法

【2021宮城】シーズン突入の夏タチウオ入門:タチウオカッター対策法

初夏から盛り上がりを見せる宮城の夏タチ。ちょっとしたポイントを押さえることでリグのロストを減らしてより楽しめます。今回はタチウオカッター対処法2つを紹介します。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

船釣り エサ釣り

タチウオカッターとは?

楽しいタチウオ釣りですが、ジギングでもテンヤでもタチウオの鋭い歯でリグのロストが多い釣りでもあります。「タチウオカッター」なんて呼ばれることも。

【2021宮城】シーズン突入の夏タチウオ入門:タチウオカッター対策法タチウオカッターにご用心(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

仕方がないといえばそれまでですが、ちょっとしたことを気をつけてリグのロストを最小限にすることも可能です。今回はリグをタチウオの歯で切られてロストしないためのコツやロッド操作のポイントを考えます。

対策1:リグを下げすぎない

テンヤ、ジギングの双方に言えることですが、リグの下げ過ぎはリーダーの噛まれ切れが多くなる原因となります。リグが着底して直ぐのバイトも噛まれ切れで多いパターンです。

いずれも、タチウオの活性が高く良くジグ、テンヤを追う時間帯に噛まれ切れは発生しやすいため、時合いを無駄にしないためにも注意が必要です。

リグにバイトやじゃれ付きがあった場合に大きくフォールして、ジグやテンヤがタチウオのレンジより下になってしまうと、どうしてもタチウオは上からジグやテンヤに噛みつきにいくためにリーダー切れが多発します。

リグを下げすぎないとは、タチウオのレンジとリグの上下関係が大切だと言うことです。

タチウオの活性が良い時間帯は、タチウオのいるレンジに上から落とし込んで釣るのが基本。

リグを投入したら、狙うレンジの数m上からロッド一本分づつ、止めながらリグを落とし込み、フォールでまずタチウオを掛けることを狙います。掛からなければ、ボトムから今度はリグを巻き上げながら、上に誘っていきます。

このため、タチウオ釣りにはカウンター付きのリールが便利です。常にタチウオがリグの下から食い付くようにすることでリグの噛まれ切れはかなり少なくなります。

次のページで「バイトリーダー」での対策法を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。