釣り人的『スーパーライトDIY(SLD)』:サビキ仕掛け巻 釣りゴミ減少にも

釣り人的『スーパーライトDIY(SLD)』:サビキ仕掛け巻 釣りゴミ減少にも

残念ながら釣り場でよく見るゴミのひとつ「仕掛け」。針がついているので、様々な危険な事故へ繋がりかねない。そこで、今回はサビキの仕掛け巻の自作法を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

その他 お役立ち

サビキ仕掛け巻の使用方法

まず事前準備として、使用済みのサビキ仕掛けは海水の塩分が残っていると錆びる原因になるので、真水で洗って乾かしておくことをおすすめする。サビキ仕掛けの針を上段の輪ゴムに並べるようにして掛ける。

釣り人的『スーパーライトDIY(SLD)』:サビキ仕掛け巻 釣りゴミ減少にも並べてかける(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

針と針をつないでいる仕掛けのライン(エダスとミキイト)を中段と下段の輪ゴムの下に挟んで押える。

釣り人的『スーパーライトDIY(SLD)』:サビキ仕掛け巻 釣りゴミ減少にもエダスとミキイトを挟み込む(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

両端のスナップサルカンのついたミキイトも中段と下段の輪ゴムの下をくぐらせながらダンボールに巻きつけていき、最後は中段の輪ゴムの位置を調整してスナップサルカンをいい感じに引っ掛ける。

釣り人的『スーパーライトDIY(SLD)』:サビキ仕掛け巻 釣りゴミ減少にもサルカンも引っ掛ける(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

ダンボールに巻いたサビキ仕掛けをまるごとチャック付ポリ袋に入れる。

釣り人的『スーパーライトDIY(SLD)』:サビキ仕掛け巻 釣りゴミ減少にもポリ袋に入れる(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

こうすれば次回釣行までの期間、コンパクトかつ安全にサビキ仕掛けを保管しておくことができる。ダンボール紙のサイズが大きめなので手前マツリもしにくいと思う。いかがだろうか。ぜひお試しあれ。

<宮崎逝之介/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。