雨天のバスフィッシングで本命バラすも44cmナマズと対面【岐阜・大江川】

雨天のバスフィッシングで本命バラすも44cmナマズと対面【岐阜・大江川】

天気予報で一日雨のためバス釣り日和と思い、雨対策をして岐阜県海津市の大江川へ釣行、バスはバラしてしまったが、ナマズをキャッチ。久しぶりに魚の引きを楽しむことができた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

大江川でバス釣り

7月9日、岐阜県海津市の大江川には午前6時に到着。連日の雨の影響もあり、川は濁っている。

雨が降っていないため、まずはポッパーを投げるが、PEラインが絡まりルアーだけが飛んでいく始末。気を取り直し、フロッグを投げるがノーバイト。7時を過ぎるとなぜか日が昇り、快晴となる。

ビックベイト、バイブレーション、クランクとハード系を中心にキャストするがアタリなし。シェード狙いでワームを投げるが全くダメ。諦めてポイント移動を繰り返すが、太陽の影響で厳しい状況だ。

良型バスは痛恨のブレイク

水の動きがある水門を見つけ、バイブレーションを投げて底を取った瞬間にアタリ。

雨天のバスフィッシングで本命バラすも44cmナマズと対面【岐阜・大江川】水の動きがあった水門(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

スイープにアワセを入れて、追いアワセも入れると魚との闘いが始まった。ロッドが曲がり、ベイトリールからラインが出ていく。耐えながらやり取りしているとジャンプ!40cmオーバーのバスだ。バラさないと踏ん張り、これ以上ジャンプさせるのは避けたいと思い、ロッドを寝かせながらやり取りをしていると、障害物に絡まりラインブレイク……。

予想外のナマズヒット

途方に暮れるが、クランクを投げると電撃アタリ。今度はバラすまいと、素早くロッドでさばくと狂ったような動きを見せる。数分間のやり取りの後に上がってきたのは、44cmのナマズだった。久しぶりに魚の引きを楽しむことができた。プライヤーを忘れてしまったので、プライヤー購入移動と同時に終了とした。

雨天のバスフィッシングで本命バラすも44cmナマズと対面【岐阜・大江川】44cmのナマズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松健次)

夏本番となったが熱中症対策をしっかり行い、急な雨に備え雨具を準備し、釣りを楽しんでいただきたい。

<週刊つりニュース中部版APC・小松健次/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大江川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年7月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。