タイラバ&イカメタル釣行:タックル併用で楽しさ2倍【玄界灘】

6月12日、中潮。福岡市中央区から出船しているマリブエクスプローラーを利用して友人とタイラバゲームを楽しんだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

朝イチはマダイからスタート

当日は台風の余波の影響で、出船時間を遅らせて午前6時に出港。湾内はさほどでもないが、外海に出るとやはりシケ模様だ。

釣り場到着。

船が大きいため、さほど揺れは感じない。

朝イチはマダイがアタらず移動。
すぐに同船者にアタったが、痛恨のバラシ。すぐに同じ人にきた。

今度は船長がやり取りのアドバイスをしながら、見事70cmサイズを無事ネットイン。

しばらく沈黙の時間が流れ、船長もサオを出し、すぐに掛かった。
さすがだ。

60cmサイズをゲットし「マダイは居ますよ~」と船長が笑いながら言う。

そしてまた船長が掛けた。

「今度はデカい」と言っているが、フックアウトで残念。

そして移動。
今度はタイラバの波動を抑え、シルエットが小さな、タングステンの入った『月華TG/SHIMANO』に変更。

着底後3mぐらい上で何かアタった。
少し送り込んでアワセを入れたが、ただただ重いだけで、たまにラインが出るがそこまで走らない。

沖に白くぼんやり見えてきたのはマダイ!83cmオスのアフターの個体だった。

次ページでイカメタルも!