陸っぱりマゴチ入門!エサを使って投げ釣りで狙ってみよう【解説】

陸っぱりマゴチ入門!エサを使って投げ釣りで狙ってみよう【解説】

いよいよ夏本番。暑くなるこの時期、釣りたい魚にマゴチがいます。「照りゴチ」と言われるように夏が旬で、その身は淡白な白身でありながらシコシコとした食感でほんのり甘く、薄造りにすると絶品!のフグに勝るとも劣らない夏の高級魚といえるでしょう。今回はそのマゴチの釣り方についてご説明したいと思います。

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

マゴチの概要

陸っぱりマゴチ入門!エサを使って投げ釣りで狙ってみよう【解説】マゴチはこの時期に投げで狙ってみたい魚の一つ。写真は昨シーズンに釣友が釣った67cmの大型。

マゴチは砂地または砂泥の海底に潜み、魚体は茶色っぽい保護色で上から押しつぶされたような平たい形をしています。

肉食で、主に小魚や甲殻類を狙って浅瀬にまで捕食しにやってくるので、エサも生きた小魚を使えば一番いいのですが、保存や扱いが面倒なので私は冷凍のイワシまたは塩イワシを使います。

マゴチはヒラメと違って生きたエサでなくても食ってきます。

次ページでタックル&釣り方を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。