大物狙い船釣行:これぞ怪物!145cm巨大ヒラマサ現る【玄達瀬】

6月17日、福井市大窪町鷹巣釣船センター徳吉丸に乗船し、解禁2日目を迎えた玄達瀬の様子を取材した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

鷹巣漁港から出船

午前5時、福井市の鷹巣漁港を出船。

当日は名古屋市の橋本さんが仕立てた1日便に便乗させてもらった。
橋本さんは鷹巣でも名の知れた大物ハンター、過去の取材でも120cm級のヒラマサを仕留めている。

今回はこれを超えるサイズのヒラマサを狙っての釣行だ。

1時間強の航程で玄達瀬に到着。
すぐに釣りを開始したが、最初のポイントは手応えがなかったため、小林船長はすぐに移動を決めた。

続いて狙ったのは水深50mの海底から突き出した、高さ30mほどの険しい根の周囲魚探で見ると「いかにも主が潜みそう」な神秘的な形状のギザギザした岩の山だ。

緊張の1投目、140mまで仕掛けを流したところでヒット。

まずは70cmほどのワラサがあいさつ代わりに顔を出した。

続けて同じラインで獲物が掛かる。

上がったのは77cmのオスのマダイ。

マダイもこのサイズに!

玄達瀬のマダイは沿岸より産卵期が遅く、今が乗っ込みの最中。
貫禄ある黒々とした婚姻色の偉丈夫が船上に横たわった。

この後、同型のマダイを追加。

次ページで化け物クラスが!