【関東2021】船スルメイカ釣り入門 ブランコ&直結仕掛けのキホン

【関東2021】船スルメイカ釣り入門 ブランコ&直結仕掛けのキホン

スルメイカは多点掛けすれば、電動リールの巻き上げが止められるほど。今回はどう猛な引きをみせるスルメイカ釣りをピックアップ。基本のタックル、釣り方とお勧めの船宿を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

スルメイカ狙い仕掛け

スルメイカ仕掛けは、ブランコか直結。

【関東2021】船スルメイカ釣り入門 ブランコ&直結仕掛けのキホンスルメイカ仕掛け(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

プラヅノの長さは14~18cm。基本はシングルカンナだが、地域によってダブルカンナを指定する宿もある。ツノ数は5~10本で、慣れるまでは少なめがいい。配色はケイムラや淡色のなかに、濃いブルーやグリーン、ピンクなどを入れるのが一般的。

いろいろと試し、その日の当たりカラーを探しだそう。

オモリは100~150号を用意しておき、船長の指示に合わせる。

釣り座のセッティング

投入器があると、スムーズな投入ができる。多くの船宿には常備してあるが、釣行前に有無を電話で確認したい。

【関東2021】船スルメイカ釣り入門 ブランコ&直結仕掛けのキホン釣り座のセッティング例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ブランコ仕掛け

ブランコ仕掛けについて解説する。

仕掛けの投入

カンナを下にして投入器にツノを入れ、合図と同時にオモリを前方へ投入。オモリが着水したら竿を手に持ち、竿先を海面近くまで下げてミチイトがスムーズに出るようにする。

誘い上げ

タナは上限と下限の指示があるので、まずは下限まで落とす。着底後にイトフケを取り、竿先を海面近くから頭上まで一気にシャクるか、数回に分けて段をつけながらシャクる。その後、ポーズを入れて乗る間を与えるのが基本。上限のタナまで上げて反応がなければ、再び下限のタナまで落とし、同じ動作を繰り返す。

落とし込み

上限のタナで仕掛けを止め、3m落として止める誘いを下限のタナまで繰り返す。ツノが誘い上げとは違う動きをするため、誘い上げて乗らないときに効果を発揮する。

スルメイカの乗り~やり取り

感触はイカの大きさにより違いがあるが、ズシンと明確に伝わることが多い。1尾乗ったら追い乗りを狙い、ゆっくりと竿を上げて巻く。重みが増したら電動リールのスピードを中速にして、竿は水平以上の角度をキープ。ポンピングはバラシの原因になる。

取り込み

電動リールが止まる直前にキーパーに掛け、竿を立ててミチイトを引き寄せ上からたぐる。空ヅノは投入器に入れるかマットに掛けておき、イカが掛かっていれば1尾ずつ外す。

【関東2021】船スルメイカ釣り入門 ブランコ&直結仕掛けのキホン一之瀬丸の様子(提供:一之瀬丸)

次のページで直結仕掛けを解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。