デイチヌゲームで本命不発もトップでセイゴラッシュ堪能【熊本・天草】

デイチヌゲームで本命不発もトップでセイゴラッシュ堪能【熊本・天草】

熊本県天草市・本渡港へ上げのタイミングで入ってくるチヌとキビレを狙い釣行した。狙いのチヌは不発も、トップでセイゴが爆釣となった釣行をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

本渡港でチヌゲーム

6月23日、「午後1時20分が干潮か~久々に行こうかな」到着したのは1時、場所は熊本県天草市・本渡港。狙いは上げのタイミングで入ってくるチヌとキビレ。

釣り場に着くと、潮が大きいタイミングということもあり、結構な潮が引きチャンネルと言われる水道だけが残っている状態。「ん~チヌは厳しいかな。もう少しシャロー帯まで水がこないとダメだな」だが一応ロッドを持ち、波打ちギワまで行きルアーをキャスト。ルアーはフェイキードッグDS70(ホロイワシ)。

デイチヌゲームで本命不発もトップでセイゴラッシュ堪能【熊本・天草】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

ファーストヒットはセイゴ

遠投して流れの中をきれいに泳ぐことを意識しながらドッグウォークさせていると「バシャッバシャ!」「ナブラ出てるぞ」すぐに回収し、ナブラの少し沖にキャスト。ナブラの中を通すと「バシャッ!」「今度は乗った~」ナブラの正体はセイゴ。フックを外し即リリース。

怒とうのセイゴラッシュ

ここで昼間ということもあり、ルアーをチェンジ。今度は同じフェイキードッグだがクリア系のDSCWシリーズのイナッコをチョイス。遠投してドッグウォークで誘うとバイト連発!「あ~やっぱり昼間はクリア系強いな」バイト連発の中からフッキングが成功し、海面を滑ってくるのはセイゴだが、カラーがドンズバなのか小さい口の中にフロントフックが全て入っている状態。

右手側に潮のヨレが発生。「あそこだな」プレッシャーを与えないように十分アドバンテージを取り遠投、狂ったように海面をドッグウォークさせセイゴのスイッチを入れてやると怒とうの連発!

「面白い!でも本命はチヌなんだな~」セイゴの連発を堪能していると、ルアーの真後ろにヨレが発生。「ジュバッ」「あ~ミスった挙げ句にフックに触ってしまった……」。その後、またセイゴラッシュを堪能し帰路に。

チヌは今後の最盛期に期待

チヌは基本的に下げから上げの潮をタイミングで狙う方が釣果アップに繋がり、水深は50cm前後(膝辺りまで)がよい。頭を下に向けカニやエビなどを捕食していたとしても、浅場ならトップウォーターを発見し水深10cm前後まで追尾し、波打ちギワでヒットすることが多々ある。

タックルも手持ちのエギングタックルが流用できサーフや河口、沿岸部ならどこでもチャンスはある。ルアーはペンシルベイトに主軸を置き、海面が穏やかならペンシル、ザワついたり風が強い時はポッパーが活躍する。カラーはナチュラル系とクリア系、ド派手系の3種類でいいが基本はナチュラル系主体となる。

これからチヌのトップゲームが最盛期を迎えるので、行かれてみてはいかがだろうか?

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
本渡港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。