ウナギ釣りで50cm頭に2尾 「ドバミミズ」エサにヒット【熊本・浜戸川】

ウナギ釣りで50cm頭に2尾 「ドバミミズ」エサにヒット【熊本・浜戸川】

浜戸川河口(熊本県宇土市)で、ウナギの釣果が上向き。まだムラはあるものの、60cm級の大物も釣れているという。現地に詳しい方と釣行した。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

浜戸川でウナギ釣り

浜戸川のウナギは6月ごろからがシーズン。ミミズをエサにしたブッ込み釣りで狙う。昼夜を問わず狙えるが、夜釣りの方が釣れる確率も高い。

6月12日午後8時ごろ、緑川河口で辻さんと合流すると「前週は60cm級の大物が釣れた」と言う。まずは実績のある緑川と浜戸川の合流点に行くと釣り人がずらり。少し上流にある太郎兵衛橋近くの左岸に釣座を構えることにした。

ウナギ釣りで50cm頭に2尾 「ドバミミズ」エサにヒット【熊本・浜戸川】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

2投目でアタリ

辻さんのエサは自宅のそばで捕ったドバミミズで、私は市販の太ミミズを用意。仕掛けは2人とも刺さりがよく、食い込みやすいウナギバリ13~14号を選択し、ブッ込みの置きザオでスタート。

その2投目だった。辻さんのサオ先が震え、アワセが入った。「乗ったけど、小さい」。そっと抜き上げたのは40cm前後のウナギだ。私にもアタリが出たが、20cmほどのフナだった。

50cm級を追加

10時、辻さんにこの日一番のアタリが出た。「これは少し重いので、まあまあかな」と慎重にリールを巻き、ヘッドランプで水面を照らすと、50cm級のウナギ。辻さんは「これでも小さい」と言う。

その後はアタリがなく、10時30分に納竿。持ち帰りサイズのウナギは1尾にとどまり、”エサと腕の差”が出た。

浜戸川のウナギは8月いっぱい期待できる。次回はドバミミズで大物を釣りたい。なお、現地でサオを出す場合は遊漁券をお忘れなく。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
浜戸川
問い合わせ:緑川漁協 TEL=096(234)3889
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。