カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?

カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?

2021年6月、梅雨の最中ではあったが、四国・香川県の小さな海岸にてカヤックアングラー有志11人でビーチクリーン活動を行った。今回はその経緯と報告をシェアしたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターNoni)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

船釣り シーカヤック

ビーチクリーン企画の経緯

カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?SNS用に作った資料(提供:TSURINEWSライターNoni)

ここ1年ほどで利用者が急増したこの海岸は、地元テレビ番組で取り上げられたこともあり、週末ごとにカヤック、SUP、マイボートでにぎわっていた。そして、今年の春以降、地元の漁師さんに注意されたという話を頻繁に耳にするようになった。

貴重な出艇場所を失わないためには各人がマナーを知り、守ることが大切だ。逆に、地域貢献を行うことにより地元の方々との絆を深めることができれば、皆が幸せになれるかもしれない。

SNSで連絡の取り合える仲間と相談し、海岸清掃の話を提案することに。漁師さんからも「ボランティアでやってもらえるなら一番いい」と快諾を得られた。

ボランティア清掃活動に対しては、市や町が支援を行っていることを知り、市役所へ問い合わせをした。ごみ袋はボランティア用のものが用意されており、集めたごみを指定業者へ持ち込むことで処分費用は市が負担してくれることがわかった。

カヤックフィッシング仲間に参加を募ったところ、全員が「参加したい!」というリアクション。開催日に都合のつく約10人で「ビーチクリーン&カヤックフィッシング交流会」を行うこととなった。

ビーチクリーン活動報告

カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?集まったゴミ(提供:TSURINEWSライターNoni)

開催日の前週に地元自治体による清掃活動が行われることが分かり、参加させていただくことも申し出たが、コロナ禍のため外部の人間の参加は控えて欲しいとの意向を受け、我々は別日に草刈りをメインに行うこととなった。

朝5時30分に集合し、6時~7時ごろまでビーチクリーン活動を行った。

カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?作業風景(提供:TSURINEWSライターNoni)

出艇場所となる海岸、隣接する駐車場にて作業を行い、終了後には皆で記念撮影。

また、参加者にはカヤックフィッシング専門ショップから事前にお預かりをしたマナー啓発資料を配布した。

カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?マナー啓発資料を配布(提供:TSURINEWSライターNoni)

参加者の声

「作業後は各自海に出てください。」と呼びかけたが、しばらくしても皆さんなかなか出撃しない様子。どういうわけかと尋ねたところ、みんな初めて会うカヤックアングラーとの情報交換が嬉しくて仕方ないというリアクション。

終了後に送られてきたメッセージにも、ボランティア自体もいい経験だったし、他のアングラーと交流できたことがとてもよかったという感想が多かった。

カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?作業後は各艇海へ(提供:TSURINEWSライターNoni)

地域の美化&参加者の交流も大切

当日、作業中も散歩中の地元住民の皆さんと挨拶をでき、「ありがとう」というお声を多数掛けていただいた。また、駐車場の地主さんからもお礼の言葉をいただき、「今後も定期的にできればいいですね」とお話をした。

地元の方々にとっては地域美化に繋がり、参加者にとっては交流にも繋がる。「皆の海岸」を美しく利用し続けるためにビーチクリーン活動は最適だと感じた。

また、kayak55様の助言に従い、当日の予定は地元の海上保安庁へも連絡しておいたことも追記しておく。

本記事では小さな海岸において10人程度のカヤッカーで行ったビーチクリーンの体験をシェアさせていただいた。

出艇場所の封鎖や釣り禁止は、地域を問わず多くのカヤックアングラーが危機感を持っている問題だと思う。「イベントがあれば参加するんだけどな~」と思っている人はたくさん居るだろう。Noniもその一人だった。イベントがないから仲間と一緒に企画した。

同様の活動が広まり、この素晴らしい「カヤックフィッシング」という趣味が永く楽しめる日本であり続けて欲しいと切に願う。

カヤックフィッシング愛好家がビーチクリーン&交流会開催 その想いは?当日釣り上げたマダイ(提供:TSURINEWSライターNoni)

<Noni/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。