ボート釣りの天敵「熱中症」対策 スイカやキュウリなど夏野菜が効果大?

ボート釣りの天敵「熱中症」対策 スイカやキュウリなど夏野菜が効果大?

夏が近づくと繰り返し「熱中症予防」を聞きます。確かに真夏の釣りでは、そのリスクがありますが、飲料に食べものをそろえれば比較的快適に過ごせます。ここではボート釣りにフォーカスして見てみましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

熱中症の症状と原因

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整ができなくなる病気です。頭痛や立ち眩みなどの様々な症状を起こし、最後には命の危険さえありますので、軽く考えてはいけません。

年齢とともに体内の水分量は減り、調整機能も乏しくなるので、「俺はまだ若い」などと言っていると、とんでもない目に遭います。海上は、海水温で風は心地いいですが、日差しは強烈なので、熱中症対策を怠れません。

何かいつもとは違うかなと感じる前に、水分や塩分などの必要なものを摂取しておけば予防できます。

ボート釣りの天敵「熱中症」対策 スイカやキュウリなど夏野菜が効果大?余らすくらいの飲料を持ち込もう(提供:TSURINEWSライター丸山明)

水だけでは防げない熱中症

夏にタコ釣りに行くボートに、コンビニ袋に500mlのペットボトルとおにぎり2個を持った若い人を見受けましたが、こりゃ危ない。500mlでは確実に真夏は不足です。一般的に、1日に水分は約2.5L必要です(尿:約1,500ml、汗 呼吸:約900ml等々)。夏場は汗をかくので、半日の釣りでも2L以上は必要と思わなくてはいけません。

そして、水分補給とは別に塩分やミネラルを摂取しないと、熱中症は防止できないです。血液は約0.9%の食塩水と同じ浸透圧です。大量の発汗で塩分が失われた状態で水だけを飲むと血液の塩分濃度が薄まってしまうので、これ以上濃度を下げないために水を飲む気持ちがなくなります。それでもさらに水を飲むと、血液の塩分濃度を維持するために排出するようになり、いよいよ危険です。

ひとつ間違えば、死に至る症状になる熱中症ですので、血液の浸透圧を下げない水分補給、飲料のほかに発汗作用で失った塩分やミネラルを補うものを摂取して、万全を期しましょう。

ボート釣りの天敵「熱中症」対策 スイカやキュウリなど夏野菜が効果大?塩分もしっかり補給(提供:TSURINEWSライター丸山明)

私の夏の必須アイテム

ボート釣りも釣り船も大きなクーラー持参ですから、たっぷりの氷と飲料や食料を詰め込みましょう。海の上に出ると、コンビニはありませんので船上にあるものですべてを解決しなくてはなりません。足りないより余るを選択です。

私の定番持ち物:水、麦茶、スポーツドリンク、梅干し、塩、スイカ、キュウリ、トマト、キャベツなどの夏野菜、レモンよりオレンジなどの柑橘系etc。朝食昼食用の家で作る塩を効かせた大きいおにぎりなど。

飲料は、いろいろ小分けの方が楽しめますし、よく冷えます。スポーツドリンクは、すべてが補給でき効果ありますが、糖分が多いのが難。その点、ミネラルたくさんの麦茶は、飲料としてかなりのアドバンテージを持っています。麦茶に合うのは、梅干し。梅干し1個で、相応の塩分とミネラル稼げます。

そして決め手は、夏野菜。スイカやキュウリ、古来よりウリは体温を下げる夏野菜で、旬の食材です。ついでに真っ赤なトマトにキャベツ。共通点は、冷やして塩をパラパラさせるとおいしい。塩は、小さなタッパや袋に入れておくと便利。キュウリは、軽く塩もみをして、スイカは、食べやすい大きさに切って、それぞれをキンキンに冷やして、クーラーで持って行くとかなりの逸材です。

暑いなと感じた時にこれらを食べると、頭がすっきりとして、次の瞬間サオ先が突っ込みます。いや、ホントです。塩とスイカなど夏野菜は生き返らしてくれます。もうひとつ、レモンより優しいオレンジ柑橘系も冷やしておけば、まずはできあがりです。家の食糧庫や冷蔵庫からキープして、前夜から準備しておきます。奥さんには、お魚で返礼です。

ボート釣りの天敵「熱中症」対策 スイカやキュウリなど夏野菜が効果大?冷たい食べ物で頭もスッキリ(提供:TSURINEWSライター丸山明)

次のページでは空腹と体温上昇の防止について紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。