真鶴アカハタゲーム本格シーズン開幕 27cm頭に本命4匹【神奈川】

真鶴アカハタゲーム本格シーズン開幕 27cm頭に本命4匹【神奈川】

神奈川県の真鶴半島で陸っぱりのアカハタゲームに出かけた。本命4匹のほか、想定外のヒラスズキもヒットした釣行をレポート。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の条件

日時:6月24日6時~11時
天候:晴れ ほぼ無風
潮回り:大潮 満潮3時09分 干潮10時15分
水色:透明
ロッド:ハードロッカーS96mh+
リール:ツインパワーXD4000xg
ライン:PE1.2号+リーダー20lb

当日の作戦

前回釣行した時よりも水温が上がり、安定してきているため浅場を中心に狙うことにした。水深があるポイントでは30gの重めのシンカーを使用してサオ抜けポイントを狙い、大型がいるかどうか試してみることにした。

浅場でも好反応

前回真鶴半島に訪れた5月中旬よりも水温が高く、浅場でも開始直後から反応が良かった。水深が3~5mほどでバイトが多数あり、小型が2匹をキャッチした。アタリがあったパターンとしては全て最初の着底直後であった。最初の着底はどこのポイントでも反応がいい。

このようなパターンでアタリが集中する時は着底後にリグをあまり動かさず、スローに誘うと釣果に繋がることが多い。浅場で狙えるポイントを全て打ったがその後が続かなかったため、深場を狙える位置へ移動した。

真鶴アカハタゲーム本格シーズン開幕 27cm頭に本命4匹【神奈川】着底直後にヒットしたアカハタ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

サオ抜けポイントで最大の27cm

足元から深いポイントでは最初に近距離を探ってから、徐々に遠投して遠くを探るのが一般的な探り方だ。今回も近距離から探ってみたが人的プレッシャが高いためか、近距離でのバイトはほぼなかった。重たいシンカーに付けかえ、大遠投するほぼ毎投最初の着底でバイトがあった。小型ではあるが27cmのアカハタをゲットした。

オオモンハタを狙いにヒラスズキ

アカハタがあっさりと3匹釣れたため、オオモンハタ狙いに切りかえた。ジグヘッド30gにシャッド系ワーム3.5inchをセットした。ベイトフィッシュが無数にいたため、オオモンハタが釣れる雰囲気たっぷりだ。1時間半ほどスイミングでオオモンハタを狙ってみたが、全く反応が得られなかった。

それでも諦めず探っていると足元にサラシが出ているポイントでなんとヒラスズキがヒット。しかし、エラ洗いで無念のフックアウト。その後オオモンハタからの反応は全くなく、アカハタ狙いに切りかえた。

地形変化に沿ってリグを操作して追加

アカハタ狙いに切りかえるも反応が遠のいた。よりタイトに根の起伏に合わせてリグを操作すると何度かあたりがあり、ようやく小型のアカハタを追加できた。その後カサゴを数匹キャッチし、納竿とした。

真鶴アカハタゲーム本格シーズン開幕 27cm頭に本命4匹【神奈川】カサゴもキャッチ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページで釣果に繋がったポイントを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。