今さら聞けないアジングのキホン:キャスティングは飛距離よりも正確性

今さら聞けないアジングのキホン:キャスティングは飛距離よりも正確性

アジングにおける重要なスキルのひとつに、キャスティングがある。キャスト、その飛距離と何より正確性。また風に負けない応用技。キャスティングの方法について確認しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

重要なキャスティング能力

アジングではキャストのアキュラシー(正確性)が命だ。ジグ単ゲームの釣りでは、飛距離はそこまで問題ではない。もちろん遠く飛ばせれば良い場面もあるが、アジはほとんど0.2~1.5gのジグヘッドで届く範囲で釣る。そのヘッドウェイトで探れる場所だけでいい。

2g以上となると重くなりすぎてアジの口に入りにくい。だから1.5gの届く範囲にしかアジはいないと考えて、どれだけ飛ばすか、というのはアキュラシーの次にくる。

アジがいそうなところに投げ込むアキュラシーを第一、そのための飛距離を第二、という考え方でキャスティングをやっていこう。

キャスティング方法

アジングでは0.2g~最大3g程度のジグヘッド単体リグを使う。比重の大きいエステルラインを使えば、1gアンダーの軽量ヘッドもちゃんと投げられる。デイの視認が利く状況で確かめれば、それなりに飛んでいることがわかるはずだ。

今さら聞けないアジングのキホン:キャスティングは飛距離よりも正確性軽量リグはエステルライン運用がベター(提供:TSURINEWSライター井上海生)

超軽量~重量級、どれも基本的に遠心力を使って投げる。

遠心力の使い方。トップガイドから出す「たらし」の部分を、バットガイド付近まで長めに取る。そして後ろに振りかぶって、軽く投げる。これだけ。時計の針で言うと、10時から2時のところでキャストが決まる。

風の中のキャスト

風が吹いているときには、ライナー気味に投げる。時計の針で言うと、11時から2.5時くらいまでのところで、投げ下ろすイメージだ。フォロー、アゲインスト、横風等あるが、基本的に風の中では単純な遠心力キャストのように軽い投げ方ができない。やや力を入れて、飛距離は考えず、感覚的には「あそこに落とす」感じでいこう。

次のページではキャストの練習について紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。