浅場のオフショアルアーゲーム攻略!オフシャロ【解説】

今回は船から狙う浅い場所のルアーゲーム「オフシャロ」を紹介しよう。オフシャロとは聞きなれないとは思うがそれはそのはず、私が作った造語である。オフショアとシャロ―ゲームを合わせて「オフシャロ」と命名したもので、最近の海のルアーゲームの楽しさをもっと広げたくフィールドの特徴にこだわってみた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

オフシャロとは?

船からのルアー、特にルアー船というと大物を狙い沖合で水深のある場所を狙うことが多くなるが、今回紹介するのは水深が20m、時には10mを切るような「浅場(シャロー)」で行う船からのルアーゲームだ。

浅瀬の釣りとはいえ大物も来る!

特に今回は20~60gメーンの小型のジグとタイラバも小型の20~60gを使い、水深20m前後の繊細な釣りを展開してみた。

「そんな浅い場所で魚が釣れるの?しかもジギングで?タイラバで?」と、思われる人も多いかも知れないが考え方を切り替えてほしい、

磯釣りでは水深5mでも80cmを超える大ダイや1mのヒラマサが釣れる。さすがに都心の防波堤では可能性も下がるが、船で少し沖合の浅場では一気に潮の流れと魚の生態系も充実し、海藻も多くエサとなるイワシやキビナゴも多い。

使うルアーも水深が浅いため、ジグもタイラバも20~60gを多用するが水深のない場所で船の真下を釣ると船のプレッシャーやルアーを引き、魚にアピールする距離が不利になるので船からルアーをキャストすると魚の居るタナを長い時間探れ、有利に釣果を伸ばすことができる。