今さら聞けないアジングのキホン:レンジを探る「カウント」って何?

今さら聞けないアジングのキホン:レンジを探る「カウント」って何?

ルアーフィッシングでは、どのレンジを釣っているかを把握することが重要だ。アジのようにレンジがよくかわる魚では特にそう。今回はアジを発見するためのカウントについて解説したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

カウントとは

そもそも「カウント」とは何か?リグを海に投げて、レンジ(水深)を入れる作業のことだ。アジは群れで一定のレンジに定位する。そのレンジを特定するために、リグのカウントを行う。

アジのレンジはコロコロと変わるので、1匹、2匹と連続でそのレンジで釣れても、そのうちまた別のレンジになったりして、その都度別のレンジでアジを探し直さなければならない。

カウントはレンジキープ釣法でも、リトリーブでも重要なアジングの基本だ。

今さら聞けないアジングのキホン:レンジを探る「カウント」って何?リグをカウントして送り込む(提供:TSURINEWSライター井上海生)

カウントの重要性

カウントは、アタるレンジの特定するために行うものだ。ターゲット(アジ)の索敵といってもいいだろう。やたらめったらキャストして、アバウトに引いてくるだけでは、アジはまったく釣れないか、単発でしか釣れない。再現性ある釣り方に持ち込む、いわばその場のアジの釣り方をパターン化するためには、どのレンジで反応するか確認するカウントが必須だ。

1カウント1秒?

カウントは基本的に1カウント1秒、でもいい。しかし、厳密に1カウント1秒でなくてもいい。頭の中でレンジを刻んでいくとき、アジングのカウントでは、なるべく早めに数を読んだ方がいいというアングラーも多い。というのも、細かければ細かいカウントにしたほど、レンジをより狭い範囲に特定して釣ることができるからだ。

ウェイトとの関係

カウントする上で重要なのは、ヘッドウェイトだ。大体アジを探すのに最初に使うのは0.8gのヘッドだが、たとえば0.8gで10カウントのレンジで反応したなら、0.6gでは13カウントくらいになる。ヘッドウェイトと沈下速度の関係を理解してレンジを意識しよう。

今さら聞けないアジングのキホン:レンジを探る「カウント」って何?ヘッドウェイトが重いほど速く沈む(提供:TSURINEWSライター井上海生)

5、10、15が基本となる

カウントして、どのレンジを釣るか?表層、中層、中層以下、と3段階に分けるとやりやすい。それ以上細かく、また深くやらなければならないこともあるが、ほとんどの場合アジはこのカウントのどこかでアタる。3つのレンジをやってアタらなければ移動した方が効率がいい。筆者の場合、抜群のロケーションか回遊待ちでない限り、3つのレンジでアタリが出なければすぐ移動する。

5カウントで表層、10カウントで中層、15カウントでは中層以下・水深によってはボトム上、という理解でいく。15カウント以上入れるのは難しくて、まず深いところでアタったアジというのは、釣りきることができればいいが、アタリだけならば根魚と判別がつかないこともある。ボトムに近いところは、執拗にやるとこちらの精神が疲弊し、意味がない。

今さら聞けないアジングのキホン:レンジを探る「カウント」って何?根魚が釣れたらそこはボトム(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページではカウントを使った釣れないときの対処法を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。