人気のルアーマゴチ攻略!キホンから実釣まで【イラスト付き解説】

ここ数年、人気が高まっているルアーマゴチ。天ビンを使ったエサ釣りがメインの東京湾でも、深川木場の吉野屋や金沢八景の太田屋などで積極的に受け付けおり、広がりをみせている。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ルアーマゴチ概要

ルアーマゴチはセレクティブであることが魅力。魚が何を捕食しているか探るところ(マッチ・ザ・ベイト)から始まり、ジグヘッドの重さやワームのカラー誘い方などが場合によっては数分ごとに変化するため、常に試行錯誤が求められる。

エコギアでは早くからこの釣りのアイテムが充実。『熟成/エコギア』という新手法を用いたワームや、『スイミングテンヤ/エコギア』に50gが加わるなど、エコギア社のアイテムをそろえてしまえば死角はない。

6月4日(月)茨城鹿島の豊丸からエコギア・プロスタッフの榎戸富さんが釣行。ルアーマゴチの方法を取材した。

タックル概要

ミチイトはそんなに高価なPEラインを使わなくてもOK、安いもので十分。なるべく新しいイトを使いことが大切だ。潮と風の影響を受けにくい細いラインがお勧め。

またミチイトとリーダーのバランスも重要。横着してバイトリーダをミチイトに直結してしまうと、根掛かり時にノットから切れてしまうことが多い。

ワーム

その場所でマゴチが何を捕食しているのか、それに合わせて小魚タイプのワームと甲殻類タイプを使い分けていく。必ず両方用意しておきたい。

ワームの種類。

★小魚タイプ:バルトやパワーシャッド。海底付近をスローにただ巻き。両者にはテールの動き方に違いがある。潮速や水深でジグヘッドとのバランスを考慮して使う。軽すぎるとワームが浮いてきてしまう。

★甲殻類タイプ:キジハタホッグやバグアンツなど。横スライドやリフト&フォールで誘う。前者のほうが派手に動く。キジハタグラブは小魚・甲殻両タイプの特徴を併せ持つ。

カラーは白系、黒系、オレンジ系、ゴールドラメなどさまざま。
「そのとき、そのカラーにしか反応しない」ということがあるので、できるだけ多くの種類を揃えておきたい。

誘いは大きく動かしたほうがいいケースと、小さいほうが有効な場合がある。

「前回釣行したときは、小さく動かすと小型(オス)が、大きく動かすと(メス)が食ってきましたね。」とのこと。ちなみに、大型はメスの場合が多い。