投げキス釣りで25cm頭に26尾 まさかの50cmヘダイ猛襲【福岡・釣川】

投げキス釣りで25cm頭に26尾 まさかの50cmヘダイ猛襲【福岡・釣川】

福岡県宗像市・釣川河口のサーフへキス狙いで釣行。うまくポイントを探り当てることができ、25cm頭に26尾にヘダイのおまけまでついた釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・近藤誉)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

釣川河口で投げキス釣り

晴天の5月23日、自宅から車で約10分の福岡県宗像市・釣川河口のサーフ(右側)へ、シーズンが開幕したキス狙いで釣行した。

この時期のキスは、数はそれほど期待できないが、大型を期待しての釣行である。エサは途中の釣具店で砂ゴカイ50gを購入。午前6時ぐらい~11時ぐらいまでの短時間での釣りを計画した。

一番の到着を狙って6時に釣り場へ。遠めに様子をうかがうと、ルアーの釣り人が数人いたが、投げ釣りの人はいない。情報がまったくないままだが、早速、準備に取りかかった。

投げキス釣りで25cm頭に26尾 まさかの50cmヘダイ猛襲【福岡・釣川】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・近藤誉)

この日は風もない予報なので、投げやすい25号のテンビンをセット。仕掛けは4本バリ仕様で様子を見ることにした。

波もなく、海面は穏やかである。第1投、仕掛けは5色(1色=25m)ほどスムーズに飛び、底を確認してイトフケを取り、ゆっくり引き釣りで探ってみる。

4色あたりで18cm本命ゲット

1色ラインまで探ってみると、アタリはある。ここで仕掛けを回収してみた。見事にハリをすべて取られてしまっていた。どうやら1~2色手前までは、かなりフグが多いようだ。

河口付近のポイントをあきらめて、奥側に50mほど移動して投入。今度も同じ5色ほどまで投げる。

沖めでアタリがないので、先ほどと同じく4色ラインまでゆっくり引いて探ってみると、アタリがでた。ゆっくりリールを巻き、波打ちギワで外れないように注意しながら巻き上げると、18cmぐらいだがキスであった。

同ポイントにて探ってみたが、見事に素バリで上がってきた。数はかなり少ないようだ。

ポイント移動で連掛け達成

移動を繰り返し、河口付近から200m近くは移動してきているだろう。その付近で探っていたところ、5色ライン付近で連続でアタリがでた。フグの多い2色ライン手前までゆっくり探ってみると、何とかキスの3連を達成。ひと安心である。

同ポイントで次も2連で釣り上げ、何とかキスのポイントを発見できたようである。

ポイントさえ発見できれば、2~3連で付いてくる。移動も考えたのだが、1投に1尾は掛かってくるので、このポイントで粘ることにした。

重量級ヒット到来

11時30分ごろになったとき、いきなりサオを横に持っていく強烈なアタリがでた。5色ライン付近だ。

ここ釣川のサーフでは、何度となくキス仕掛けに大物が掛かってくることがある。しかし、あくまでもキス用の仕掛けである。仕掛けが細いのでイトを出してやり取りしたいところであるが、投げ釣り専用リールであるので、ドラグが付いていない。そこで、ハンドルブレーキを解除して、ハンドルを手で逆転させて慎重にやり取りを行った。普段ではありえない、スリリングなやり取りである。

謎の大物は、ゆっくりではあるが岸に近づいてきた。3色ライン付近になるころまで、10分ぐらいのやり取りが続いた。それでも波打ちギワの手前に来てもどんどん走るので、ゆっくりと体力を消耗させ、浮いたところを波に乗せて砂浜に引き込み、フィッシュグリップでつかむ(毎年の大物との遭遇で、キス釣りなのにグリップを持参しているのである)。

正体は50cmへダイ

上がってきたのは、実寸50cmのヘダイであった。自己記録更新である。

仕掛けを替えたばかりであったこと、干潮時間で波が低かったこと、一番下のハリに食いついてきたことなど、いろいろな要因が重なって仕留めることができた。この1尾で大満足して、納竿することにした。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。