釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:マトウダイ 皮や胃袋も捨てちゃダメ

釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:マトウダイ 皮や胃袋も捨てちゃダメ

泳がせ釣りのゲストフィッシュ・マトウダイ。ここではこのゲストフィッシュを使ったまんぷく釣魚料理をご紹介。ついつい捨てちゃう皮や胃袋も美味な一品に大変身!

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

TSURINEWS編集部

その他 レシピ

マトウダイの釣魚料理

秋から春にかけては、イワシの泳がせ釣りでヒラメや青物を狙って海上はたくさんの遊漁船でにぎわう。エサがおいしい生きイワシだけに、いろいろなゲストフィッシュが多くヒットする。今回は良型のマトウダイをゲットしたのでレッツクッキング。

釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:マトウダイ 皮や胃袋も捨てちゃダメゲストフィッシュのマトウダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

マトウダイの刺し身

まずは、刺し身から。マトウダイの頭を落として内臓を取り出す。カワハギに負けないくらい大きな肝が入っているので慎重に行うこと。胃袋は中身を出してきれいに洗っておく。

マトウダイはウロコがないので取る必要はないが、背ビレにトゲ状の突起があるので気をつけながら3枚に下ろす。

身割れしやすく、3枚に下ろした半身も3つに割れるので、それに沿って切り分けるといい。腹骨はすき取って皮を引く。この皮もきれいに洗って残しておくこと。

白身をカットすれば上品な刺し身の出来上がりだ。クセがなく、モチモチ食感と淡白な味わいが楽しめる。

釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:マトウダイ 皮や胃袋も捨てちゃダメマトウダイは淡泊な味わい(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

肝・胃袋・皮も美味な一品に

次は肝の酒蒸し。塩水で血とヌメリを洗い、軽く酒を振り掛けて蒸し器で蒸す。

粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やし、食べやすい大きさにカットする。

刻みネギを散らしてポン酢でいただくと、濃厚な味わいが口いっぱいに広がる。

胃袋と皮は湯がいて氷水へ。水気を拭き取ったら細切りにして、ネギを散らしてポン酢でパクリ。ビールが進むこと間違いなしだ。

釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:マトウダイ 皮や胃袋も捨てちゃダメ肝、胃袋、皮も美味な一品に(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年6月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。