ボートルアーフィッシング満喫 ヒラマサ苦戦もマダイは好調【福岡】

ボートルアーフィッシング満喫 ヒラマサ苦戦もマダイは好調【福岡】

プレジャーボートにて福岡県の糸島沖に、ヒラマサキャスティングとタイラバに行ってきた。ヒラマサは苦戦したが、タイラバでは満足な釣果を得た釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずはキャスティングから

まずはヒラマサキャスティングからすることにした。午前7時、釣り場に到着後、春定番の13cm程度の小型ルアーをメインにキャストしていく。2流し目で同船者に連続してチェイスがあったが、バイトには至らなかった。

そこで、ルアーの動きが異なるブルーフィッシュ30を使ってみたところ、一発でヒット!上がってきたのは3.5kgのヒラマサだった。

ボートルアーフィッシング満喫 ヒラマサ苦戦もマダイは好調【福岡】朝イチにきたヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

その後、何回か船の流すコースを替えてキャストを繰り返したが、魚からの反応がなく、風も吹いてきたため、島の風裏を利用して風が落ち着くまでタイラバをしてみることにした。

72cm5kg頭に良型マダイ続々

40mほどの浅い水深だったが、風と潮を考慮して100g前後のヘッドを使ってみたところ、開始5分ほどで同船者にヒット!上がってきたのは1kgぐらいのマダイだった。そして、さらに5分後ぐらいにも同サイズのマダイをキャッチ。

ボートルアーフィッシング満喫 ヒラマサ苦戦もマダイは好調【福岡】当日のタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

そして、さらに船を流していったところ、同船者にこの日一番のアタリがあった。うまくハリ掛かりしたようで、慎重に寄せていたところ、別の人にもタイラバでダブルヒットとなった。

後からヒットした人の魚が先に上がってきて、表層に顔を出したのは本命の2kgクラスのマダイだった。そして、その1分後に上がってきたのは、72cm(5kg)のマダイだった。

良型のダブルキャッチとなり、船長としては作戦が成功し、うれしかった。その後、アタリが減ったので船を同じコースに着け直したところ、1kgクラスを追加でキャッチできた。

数&型揃いで満足

そして、風が収まり、船の流れ方が変わったところで私にもヒット!

ドラグからラインがどんどん出ていくので良型であることを確信し、やり取りをしていたところ、シーハンターの部分が切れてバラしてしまった。どんな魚か見たかったので、残念だった。

その後、頑張って誘いを続けてみたところ、私も2kgクラスのマダイをキャッチすることができた。

そして、アタリも減ってきたので船を流すコースを替え、新しい群れを探してみたところ、同船者にヒット!上がってきたのは63cm(3kgオーバー)の良型マダイ。見事ゲットすることができた。

ボートルアーフィッシング満喫 ヒラマサ苦戦もマダイは好調【福岡】3kg超えマダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

その後、午後3時30分をまわったため、納竿することにした。今回、キャスティングのヒラマサは連発とはならなかったが、タイラバでは数・型ともに釣れ、全員安打を達成できたため大変満足のいく釣行となった。

<週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年5月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。