伊良湖水道でジギング&タイラバ満喫 ワラサとマダイ手中【愛知】

伊良湖水道でジギング&タイラバ満喫 ワラサとマダイ手中【愛知】

いつもお世話になっている師崎港のジギング船へ行ってきた。ジギングでワラサ、タイラバでは本命のマダイを仕留めることができたので、リポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

初夏の伊勢湾ジギングへ

予報がズバリ当たって当日は絶好のジギング日和。午前5時半集合で30分前に専用駐車場に着いた。たびたび一緒になる堀内さんもいて、しばし雑談。当日は12人満席で、釣り座は予約順で好みの場所へ。私と堀内さんは右トモに釣り座を決めた。

午前6時に師崎港を出船。伊良湖を目指して春めいた海を快適に走り、30ほどで到着。水深50mでワラサ狙いのジギングスタート。ロッドは若干硬めのメタルウィッチ、リールはオシアジガーのハイギヤ、PEライン2号、リーダー6号、ジグは定番のクイックゼロワンチャートの180gだ。

早々にワラサキャッチ

先週は1投目でサワラに切られた経験から、慎重に落としていく。着底してから素早く7回速巻きからのフォール、これを繰り返す。10分経過、底上5mでフォールした時、PEラインが海面に漂った。一気にリールを超速巻きで一発アワセを入れ、後はひたすらリールを巻くのみ。ドラグは固めだからイトは出ない。

伊良湖水道でジギング&タイラバ満喫 ワラサとマダイ手中【愛知】船中3尾のワラサが上がった(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

2人とオマツリしながら、アシスタントの差し出すタモに無事入った。この時ワラサは2匹上がっていたようだ。早い時間に1匹釣ってボウズを免れホッとひと息。その後何事も起こらず、早々に見切りをつけてタイラバのポイントへ。水深50~35mのカケサガリだ。

タイラバで良型マダイ続々

タイラバ専用ロッドにハイギアリールはともに炎月、PEライン0.8号にリーダー3号、ヘッドは90~120gを使い分け、ネクタイはオレンジ系、赤系に、黒やカーリーをセットした。期待に胸膨らませて、まずは90gでスタート。

すぐにトモの堀内さんがヒットしたようで、慎重に巻き上げている。しばらくして目測50cmのきれいなメスのマダイが上がった。それから3匹も追加。私は4匹も見せつけられ、もう焦って焦ってプライドもかなぐり捨ててヘッド、ネクタイを見せてもらった。赤黒ゼブラに黒だったかな。

即私も黒系に変更。ついでにヘッドも赤に交換。そのかいあって待望のコンコンからヒット。ハリ外れを心配しながら一定速度で巻き上げる。ドラグが緩いこともあって、時々イトが出てもう最高の気分。大きくはないが食べごろサイズの1匹だった。これで身体の硬さも取れ、ハンドルを回す手にも余裕が出てきた。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。