人気堤防からカゴ釣りで良型クロダイ5匹【新潟・直江津港第3東防波堤】

人気堤防からカゴ釣りで良型クロダイ5匹【新潟・直江津港第3東防波堤】

5月6日、新潟の上越にある管理堤防、直江津港第3東防波堤に向かった。混雑を予想して前日から車中泊で並び、気合いを入れて挑んだカゴ釣りと投げサビキの模様をリポートする。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター永井航)

Wataru_Nagai

はじめまして。釣りの守備範囲は金魚から大型青物まで!大学では海洋生物を専攻していたので多角的な分析もしたいと思います。

×閉じる

海釣り施設 海釣り公園

直江津港第3防波堤

直江津港第3防波堤は管理釣り場であり、風や波が基準を超えると堤防閉鎖をしたりする安全面の対策をしている。また冬期はやっていない。しかしこの釣り場は沖に張り出しているためかなり釣果がいい。場所にもよるのかもしれないが、足元から水深が15mほどある。

ホームページによると数日の前まではクロダイやちらほらとマダイの釣果が出ているため、カゴ釣りで狙うことにした。また、尺オーバーのアジや40cm前後のサバも釣れているということで投げサビキも持ち込んだ。

人気堤防からカゴ釣りで良型クロダイ5匹【新潟・直江津港第3東防波堤】釣り場からの風景(提供:TSURINEWSライター永井航)

カゴ釣りでタイ狙い

私は普段カゴ釣りをしないためしっかりとしたタックルないので、25号の振り出し投げザオ、大型スピニングリールで代用する。本格的な両軸タックルと比べると飛距離はそれなりに劣るが、70~80mは飛ぶ。そのため釣果的に遜色はあまりないだろう。飛距離も大切だが、これくらい飛ばし同じところにエサを集められれば大抵の釣り場でなんとかなる。

ウキとカゴは15~18号、メインラインはナイロン4号。ハリスはフロロ3号を5m。ハリはチヌバリ4号のシンプルな仕掛け。タナは探り探りやることにした。

堤防外側の適当な所に陣取り、釣りを始める。周りもカゴ釣り師がほとんどだ。水深を見たあと、朝イチはちょっと青物狙いで1人違うタナを攻めるも不発。周囲でクロダイがヒットしたことでタナを落とし、こちらもクロダイ(あわよくばマダイ)に変更。

タナはベタ底

しかし、待てど暮らせど自分だけヒットがない。その間にも周囲ではクロダイがヒットしている。すると先ほどから周囲を置き去りにするペースで釣り上げている親切な釣り人が「ウキが寝るくらいのタナだよ」と教えてくれた。試しに波のアップダウンでカゴが底を取るくらいの高さにすると、1投でヒット。

根掛かりしないのか怖かったが、基本的にはしないようだ。底付近なのはわかっていたが、カゴが転がる高さの底なのにはとても驚いた。

人気堤防からカゴ釣りで良型クロダイ5匹【新潟・直江津港第3東防波堤】底狙いでクロダイをゲット(提供:TSURINEWSライター永井航)

クロダイが連発

そのタナに合わせてからはクロダイの群れが回ってくるタイミングでヒットが続く。1度だけ、ウキが沈むと同時に潮で流れてたイトが一直線にピンと張る強烈なアタリと引きがくるも、ハリの掛かりが悪かったようで途中で外れてしまった。古い投げザオでやっていたため、サオからギシギシと怖い音がするほどだった。周囲では80cmクラス大型マダイも釣れていたので後悔は大きい。

お昼ごろになり魚からの反応が消え、一時休憩。

人気堤防からカゴ釣りで良型クロダイ5匹【新潟・直江津港第3東防波堤】昼ごろまでにクロダイはこの通りの釣果(提供:TSURINEWSライター永井航)

次のページでは投げサビキの模様をリポート

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。