レイクトローリングで56cm頭に本命『ビワマス』絶好調【琵琶湖】

レイクトローリングで56cm頭に本命『ビワマス』絶好調【琵琶湖】

滋賀県長浜市西浅井町菅浦のレンタルボートを利用して、釣友の熊澤さんとトローリングでビワマス釣りに挑んだ。GPSのマーク付近で移動を繰り返し連発。10匹をキープした釣行を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

琵琶湖でレイクトローリング

4月21日は午後から風が強くなる予報なので、午前中が勝負。午前5時30分ごろに現地に着くと、数人のバス釣りアングラーがいた。早速受付を終えてレンタルボートに乗り込んだ。

熊澤キャプテンの操縦で竹生島方面に向かうと、風は弱く湖面も穏やかだ。この日は熊澤さんが、道具を全部準備してくれた。やがて流すポイントが定まると、トモから2本、両舷ミヨシ各1本、計4本のサオを出す。

レイクトローリングで56cm頭に本命『ビワマス』絶好調【琵琶湖】朝日を浴びてアタリを待つ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

熊澤さんは両舷ミヨシのサオにレッドコアライン、ルアーはスプーンで投入準備に入る。私がその間はハンドルを握り、ゆっくり走行する。熊澤さんが投入を終えると、100mほどレッドコアラインを出してアタリを待つ。

ここから低速でトロ―リングする。私はミヨシに座り、サオがたたかれるまでのんびり待つ。

開始10分でビワマス登場

10分が経過したころ、左舷ミヨシのサオがたたかれた。素早くアワセを入れながら、ゆっくり巻き上げる。熊澤キャプテンが駆け寄り、ネットに収まるビワマス。45cm前後の良型で、銀色に輝いた魚体が美しい。

レイクトローリングで56cm頭に本命『ビワマス』絶好調【琵琶湖】ネットに収まった銀ピカのビワマス(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

再び仕掛けを投入して流すと、両舷のサオが同時に曲がった。ダブルヒットだ。しかし上がったビワマスは30cm以下なので即リリース。

強引制して56cmゲット

この日は左舷ミヨシのサオが頻繁にアタる。再び大きなアタリが出たので、私がアワせると強い引き。大きなサオの曲がりを見て、熊澤さんはバラシ防止のためエンジンを停止した。私が慎重に巻き上げると、大きなビワマスが浮上し熊澤さんが無事ネットイン。検寸すると56cmだった。

レイクトローリングで56cm頭に本命『ビワマス』絶好調【琵琶湖】当日最大56cmのビワマス手中(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

開始から1時間も経過していないが、頻繁にアタリがある。熊澤キャプテンはアタリが連発するから4本のサオ出しはなしで、「2本のサオ先に集中しよう」と言う。

次のページでもビワマス連発!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。