LTタックル流用『ヒラスズキゲーム』のススメ メバリングプラグでOK

LTタックル流用『ヒラスズキゲーム』のススメ メバリングプラグでOK

近年ライトタックルで狙うヒラスズキゲームが流行している。ライトタックルで釣るため、引き味も抜群だ。今回はライトタックルでのヒラスズキゲームについて解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

LTヒラスズキゲームとは

ライトタックルのヒラスズキゲームとは、メバリングロッドなどのライトゲーム用タックルでヒラスズキを狙う釣りのことである。通常のヒラスズキ専用ロッドより軟らかいロッドを使用するため、引き味を存分に楽しむことができ、近年注目されている釣りの一つだ。

ヒラスズキは警戒心の強い魚で、サラシがあるやや危険なポイントで釣りをすることが多いが、ライトタックルでの釣りでは、そういったポイントで狙うことは少なく、比較的安全に釣りをすることができる。

LTタックル流用『ヒラスズキゲーム』のススメ メバリングプラグでOK荒磯のイメージが強いヒラスズキ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

狙えるサイズ

ヒラスズキは最大で1mくらいになるフィッシュイーターだ。通常のヒラスズキゲームではアベレージサイズは60~70cmほどだが、ライトタックルで狙えるヒラスズキは、最大でも50cm台のヒラフッコと呼ばれるサイズが多い。しかし50cmほどでもヒラスズキはマルスズキよりも体高があるため、サイズの割によく引く印象だ。

LTヒラスズキゲームタックル

ライトタックルで狙うヒラスズキに使用するタックルを解説する。

ロッド

メバリングロッドなどのライトゲーム用ロッドが流用できる。メバリングロッドだと尺メバルに対応可能な少し強めのロッドがいい。長さは7ft後半から8ft前半が使いやすい。

リール

リールはメバリングで使用する番手より一回り上のサイズで2500番からC3000番が使いやすい。ギアはハイギアがオススメだ。

LTタックル流用『ヒラスズキゲーム』のススメ メバリングプラグでOKリールは2500~C3000くらいがベスト(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

ライン

メインラインはPEライン0.4~0.6号で、リーダーは8~12lbを用意する。ラインの太さは釣れるヒラスズキのサイズと、周りにラインが擦れる可能性がある障害物の有無で決めたい。

ルアー

ルアーはメバリングに使用するプラグが流用できる。中でも飛距離が出るシンキングペンシルやアピール力が強いミノーが有効だ。サイズとしては50~70mmほどのプラグを使用する場面が多い。

LTタックル流用『ヒラスズキゲーム』のススメ メバリングプラグでOKメバル用のプラグが流用可(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページで具体的な狙い方を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。