シーバス乗合船で70cm頭に30尾 硬めバスロッド流用で満喫【渡辺釣船店】

シーバス乗合船で70cm頭に30尾 硬めバスロッド流用で満喫【渡辺釣船店】

東京湾横浜山下橋の渡辺釣船店からシーバス乗合に釣行。硬めのブラックバス用ロッドを流用して30尾ほどを釣ることができたので、その模様をお届けする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 安藤弘司)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

渡辺釣船店からシーバス狙い

4月6日(火)、東京湾横浜山下橋の渡辺釣船店からシーバス乗合に釣行。そろそろ終盤だが、「まだまだ釣れている」という情報で、クーラーボックスを担ぎ、ロッドを手にウキウキしながら乗船。

タックルは、専用ジギングロッドにベイトリール、ミチイトPEライン1号でショックリーダーはフロロカンボンライン20lb。60~80gのジグにアシストフックを付ける。ロッド&リールは船宿でレンタル可能。

しかし、この日は「最近まったく行かなくなった、硬めのブラックバス用ロッドが代用できないか?」という、密かなテーマを設けて乗船。リールに関してはソルト対応モデルなら問題なしのはず。

底に落として巻くだけ

次に釣り方。基本はジグを船下に落とし、底に着いたら上へ上へと巻くだけ。こまかいテクニックは不要。

シーバス乗合船で70cm頭に30尾 硬めバスロッド流用で満喫【渡辺釣船店】釣り方は底から巻き上げるだけ(提供:週刊つりニュース関東版 安藤弘司)

もちろん、食いが渋いときなど、アクションの違いによって釣果に差がでることもあるけれど、あくまでベースは落とす→巻く→落とす→巻くの繰り返し。ジグは前記の通り、60~80gが基準。個人的にはピンクカラーがオススメ。

バスロッドで良型交じり

さて、気になる釣況は情報通りの高活性。70cm超の良型交じりでアタックしてくる。バスロッドでもまったく問題なし。むしろ、少しキャストする場合は、こちらのほうが投げやすかった。ただ、魚が掛かったあとのバレにくさは、専用ロッドに軍配。

シーバス乗合船で70cm頭に30尾 硬めバスロッド流用で満喫【渡辺釣船店】良型のアタックを楽しんだ(提供:週刊つりニュース関東版 安藤弘司)

沖上がりまでに30尾ほど釣ったなかから3尾血抜きして持ち帰って、おいしく食べた。

※現在の釣物は事前に船宿のHPでご確認ください

<週刊つりニュース関東版 安藤弘司/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:渡辺釣船店
シーバス乗合船で70cm頭に30尾 硬めバスロッド流用で満喫【渡辺釣船店】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。