『アジング』ステップアップ解説:アタリが止まる3つの原因とは?

『アジング』ステップアップ解説:アタリが止まる3つの原因とは?

さっきまで普通に食っていたアジが、突然止まる。群れが抜けたのだろうか?いや、そうとも限らない。アジの反応が止まるときには、抜け、とは別の3つの要因が考えられる。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

3.群れが遠ざかった

上述のようにアジはあまりスレる魚ではないが、バラシなどでプレッシャーがかかると沖に遠のく。沖に遠のき、レンジはもちろん、東西の座標がズレることもある。つまり、群れが遠ざかったら、最初から探り直さなければならない。

筆者の場合、群れが遠のいたときには、あまり深追いしないことにしている。遠方のレンジは釣りにくい。そもそももう十分釣り足りているので、あと2、3匹でOKという感覚のはずだ。

そこで試すのが、2inchくらいの大きめのワームである。ボリュームにものを言わせて、もう自動的にアジに見つけてもらい、食ってもらうのだ。あるいはダートアクションで、食ってくる活性の高いヤツを狙う(そして、そういうアジは大きいし、よく引く)。

『アジング』ステップアップ解説:アタリが止まる3つの原因とは?遠方で試す大アピールのワーム(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アタる方法をいろいろ試そう

アジの群れは潮の上げ下げによって動く。上げで入ってきて下げで出ていくまで、大潮なら一瞬でも、中潮小潮ならまあ時間がある。反応が止まったアジも、時間がくるまでは露骨に釣り人を嫌がって出て行きはしない。場、レンジ、そして遠方を打ち直して釣ろう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。