ルアーシーバスゲームで60cm 堤防のキワを8の字アクションで狙う

ルアーシーバスゲームで60cm 堤防のキワを8の字アクションで狙う

シーバスを狙って鬼池港へ釣行した。この日は堤防ギワを狙い、ルアーが8の字を描くように操作して60cm級の本命をキャッチしたので、その模様をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鬼池周辺でルアーシーバス

4月5日、午前3時に熊本県天草市の通詞島に到着。前日から雨が降り、満潮は3時。北風が吹き荒れてシーバスにはもってこいの日。タックルを準備し先端に向かうと先行者がいる。「同じシーバス釣りだな~朝まで粘りそうだな、場所変えるか」

潮は満潮、どこの堤防でも何かしら釣れるだろうと思ってはいたが、確率的に鬼池港がいいと感じ現地へ。

車から降りて堤防ギワを覗くと……「いるいる」すぐにタックルを準備する。ここでは通詞島よりライトなタックルを使う。理由は堤防ギワで魚を掛けるのだが、オープンウォーターが広がっておりラインが切られるようなところがないのと、通詞島よりひと回り釣れる魚が小さい。また場所が小場所、この3点が挙げられる。場所によりタックルを変えるのも釣果に繋がる一つの手である。

ルアーシーバスゲームで60cm 堤防のキワを8の字アクションで狙うタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

使用するロッドはロンギヌス8.3ft、リールはSWストラディックC3000HG、PEライン0.8号、リーダー3号、完全にエギングタックルだ。それに静ヘッド7gにワーム(イワシ)をチョイス。

ワームに80cm級反応

まずは5m先に投げて速引き、ここでチェックするのはワームのズレ。速引きしてまっすぐ返ってくればOK。右にズレたらワームを少し右に回し、左にズレたら左に回し再度まっすぐ返ってくるかをチェック。この作業をするかしないかで釣果に影響し、10対0の可能性は大である。

チェックが終わり、まずは明暗の境をギリギリ引いてくるが反応がない。「暗に入れんと厳しいかな」すぐに暗にキャストし引いてくる。「ん~あと少しで堤防角……そのまま引いて左に回すか」角に差し掛かりそのまま横に移動しながら引いてくると「モアッ!」「あ~デカイ!80cmあったな~食いミス!」

60cm級良型が顔見せ

いったん通り過ぎて折り返し、また角まで来て折り返し。どんどんその幅を狭くしていき1mほどの間隔で8の字を描くように操作していると「ゴンッ!」「ジィーッ!」「乗った~!60cmあるな」

鬼池は水深があるため、シーバスはほとんどジャンプせず下へ下へと突っ込んでいく。が、ドラグセッティングを弱めにして引かせるだけ引かせてやると、シーバスは勝手に弱ってくれる(このやり方は障害物がない所でやる)。朝方、堤防に鳴り響くドラグ音を堪能し、シーバスが横になった瞬間にタモ入れ成功!

ルアーシーバスゲームで60cm 堤防のキワを8の字アクションで狙う水深を使ってやり取りした(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

写真を撮ったら離れた所にリリース。「まだ食うかな?」もう一度探りを入れると「ゴッ」「あ~アタったけどな~やっぱり小場所だけに厳しいかな?」潮が緩んだこともあり、眠気もヤバかったので帰路に。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
天草・鬼池
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。