太宰治も愛した『トゲクリガニ』は春が旬 味は本家「毛ガニ」をも凌ぐ?

太宰治も愛した『トゲクリガニ』は春が旬 味は本家「毛ガニ」をも凌ぐ?

近頃は都心のスーパーでもよく見かけるようになったトゲクリガニ。ころっとして小さく可愛らしいシルエットですが、その味は「本家」をも凌ぐと言われます。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

春が旬のトゲクリガニ

春の味覚・トゲクリガニの漁が青森県野辺地町沖の陸奥湾で始まりました。トゲクリガニは当地では「花見ガニ」とも呼ばれ、この時期の食卓には欠かせない存在です。

太宰治も愛した『トゲクリガニ』は春が旬 味は本家「毛ガニ」をも凌ぐ?水揚げされたトゲクリガニ(提供:PhotoAC)

野辺地町漁協によると、今年は海水温が低いため、例年より遅い3月下旬から4月上旬に漁が始まったそうです。今年は例年より大きく身入りが良いということです。

ここ数年同様、今年も解禁以降豊漁が続いているそうで、市場関係者の期待も高まっています。漁は5月いっぱい続く見通しです。(『春の味覚 続々水揚げ/トゲクリガニ 今年も豊漁/野辺地の漁業者 作業に汗』東奥日報 2021.4.12)

トゲクリガニとは

トゲクリガニは「クリガニ科」に属する小~中型のカニ。あのケガニとかなり近い仲間です。岩混じりの砂地に生息しており、ゴカイなどの小動物を食べているので、カレイ釣りの外道で顔を出すことがあります。場所によっては釣りのターゲットとしても注目されています。

太宰治も愛した『トゲクリガニ』は春が旬 味は本家「毛ガニ」をも凌ぐ?トゲクリガニ(提供:PhotoAC)

主に本州以南の各地で採れるカニで、東北地方での水揚げが多くなっています。一方で北海道では「クリガニ」というカニが漁獲されており、見た目が非常にそっくりなのでしばしば混同されているようです。

大人の握りこぶしほどの大きさで、左右対称の五角形に近い甲羅が特徴。春に産卵のために浅瀬に寄るので、この時期に盛んに漁獲されています。

味はだけならば毛ガニ以上?

トゲクリガニはケガニと比べるとやや小ぶりですが、濃厚なカニみそや卵、びっしり詰まった身など魅力がたっぷりのカニです。とくにミソは評価が高く、毛ガニより上という人も少なくありません。

太宰治も愛した『トゲクリガニ』は春が旬 味は本家「毛ガニ」をも凌ぐ?蒸しトゲクリガニ(提供:PhotoAC)

小さいので肉をほじり出すのは大変ですが、甲羅以外の殻は柔らかく、そのままかぶりついて食べることもできます。またとても良い出汁が出るので、2つに割って味噌汁にしても抜群です。

青森県出身の文豪・太宰治もトゲクリガニが大好物で、小説「津軽」の中にも登場するそう。安価で入手しやすいのも魅力ですが、北海道の毛ガニが不漁となっている影響で、ことしは例年よりやや高値で推移しているといいます。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。