陸っぱりエギングゲームで『キロアップ』 シャローでヒット【熊本】

陸っぱりエギングゲームで『キロアップ』 シャローでヒット【熊本】

釣友と熊本県天草市の牛深~久玉周辺へエギング釣行した。浅場をテンポよく探り、キロアップ交え釣果を得たので、その模様をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

茂串漁港でエギング

3月24日、午後8時に釣友の赤木君と熊本県天草市茂串(もぐし)漁港で待ち合わせをし、そこから目的地の地磯まで歩く。

地磯に到着し釣り開始、月夜に狙うはアオリイカ!ロッドはロンギヌス8.9ft、リールはSWストラディックC3000HG、PEライン0.8号にリーダー3号、エギは3.5号を使用する。

まずは扇状に探りを入れ、潮の流れや圧を探る。潮はやや右手側前方から流れ、立ち位置の磯に当たって左に抜ける潮。

当て潮は、シャクリの後にどうしてもエギが潮に押されラインが弛みアタリが取りづらかったり、ラインがフカフカ巻きになったり、アワセが効かなかったり、操作感が感じられないデメリットがある。しかし、アオリイカが手前までくるというメリットもある。

表層ダートで小型ヒット

当て潮を集中的にやってはみたものの、私の感覚とやはり誤差があるのか藻が絡んでくる。「スタンダードなエギじゃきついな」ここでスーパーシャロー、沈下速度が遅いエギに替え表層ダートで探りを入れる。

「月夜、流れ、藻場、ベイト、ベイマウス(湾の入り口)、なんか反応あるやろ」すると3秒フォールさせたところで違和感!「の……乗った~!でも小さい!」海面をスケートしてきたのは300gほどのアオリイカ。「君じゃないな」写真を撮って次を狙うが、1時間経過してもアタリすらない。

ここで赤木君に声を掛け車まで戻り、一気に牛深を横断。今度は東側の久玉の地磯まで行く。久玉に着くといい感じで地磯がむき出しになり、シャロー帯が広がってはいたが潮が茂串ほど流れてはおらず、水を触った感じ明らかに冷たい。早朝からの釣りも視野に入れここで仮眠。

久玉の地磯で良型登場

午前6時、アラームに起こされ地磯に入る。水を触ると上げ潮のせいか明らかに水温が夜中とは違う。「この潮で入ってきてないかな~」すると、隣の磯に入ってた赤木君のロッドが曲がっている!

「きたの?」「分かりません。あ!来てます!」潮に乗りドラグを出す!「キロいったんやない?」ヘルプに隣の磯まで移動し、アオリイカを寄せた所で後ろにエギのカンナを引っ掛けて無事キャッチ!

陸っぱりエギングゲームで『キロアップ』 シャローでヒット【熊本】1kg超えのアオリイカ手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

「キロいったな~!」「待望の1尾です!」次を狙うが単発なのか後が続かない。

次のページはシャローでキロアップ追加!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。