タイラバでシロアマダイを狙う 本命不発もアマダイ2ケタ釣果【三重】

タイラバでシロアマダイを狙う 本命不発もアマダイ2ケタ釣果【三重】

三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリン協力の下、尾鷲湾のどこかに潜む幻のシロアマダイを狙った。アカアマダイ連発にマダイも交じる好釣果となった釣行をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

エヌテックマリンで「幻」を追う

今回の取材に同行してくれたのは、三重テレビのフィッシングポイントでおなじみの萩原香さん。中井敏秀キャプテン操るガイド船に乗り込み、3人で出撃となった。まず中井キャプテンにシロアマダイについて聞くと、回答は次の通り。

・釣れているのはほとんどがタイラバ。ごくまれにだが、ジグで釣れたこともあった。

・ガイド船で上がった釣果は、タイラバでアマダイやマダイを狙っていて交じることがほとんど。したがって水深が60m以深の湾口に近いポイントでの釣果が圧倒的に多い。ただし90mを超えるような深場では、釣れた記憶はない。

・近年数が増えてきている。昨年晩夏から10匹以上のシロアマダイが上がっている。

以上のことから、狙うポイントは尾鷲湾口に近いエリアで、水深60~80m台。海域によっては30~40m台で釣れることが多いようだが、過去の実績に勝るものなし。ということで、船は普段マダイやアマダイを狙っているポイントを目指す。

タイラバでシロアマダイを狙う 本命不発もアマダイ2ケタ釣果【三重】「鯛の実」を使用した(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

最初に船が止まったのは水深65mライン。前日のシケの影響でウネリが高いが、問題なく釣りはできるレベルだ。

早々にアマダイ登場

ただ潮が速く、シンカーを160gまで上げないと、底取りを繰り返すことが難しそうだ。と、早々に萩原さんにアタリ。慎重に上げてくると、水面下に見えたのはシロ……ではなくアカアマダイ。タイラバはフリースライド180g、オレンジの細めのネクタイで、ハリにはワームが付いていた。

タイラバでシロアマダイを狙う 本命不発もアマダイ2ケタ釣果【三重】ファーストヒットはアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

その後もポツポツアタリがあり、イトヨリ交じりでアマダイが次々に上がってくる。ヒットコールのたびに期待に胸を膨らませ、水面下に目を凝らす。ボヤッと白っぽい魚体が見えるたびに、「おっ」と声が出るが、すぐにため息に変わる。

タイラバでシロアマダイを狙う 本命不発もアマダイ2ケタ釣果【三重】鯛の実でアマダイゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

いやいや、ポピュラーなアカアマダイだが、アカでも十分レアですから。今回はシロにターゲットを絞っているので、アカは外道の位置付けだが、本来であれば釣れたら飛び上がって喜ぶターゲットなのだ。しかも今回はそのアマダイが、これでもかというほど連発。コレはか~なりスゴイことなのだ。

次のページでアマダイ大連発&良型マダイ登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。