短竿『手持ちスタイル』で楽しむヘラブナ釣り 入門にオススメ【宮城】

短竿『手持ちスタイル』で楽しむヘラブナ釣り 入門にオススメ【宮城】

今回は宮城県登米市にある通称カッパ池で、気軽に釣行をモットーに楽しんでまいりました。短ザオを手持ちにした底釣りで、春のヘラブナと遊んだ釣行をリポートします。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター菅野裕基)

菅野裕基

宮城県在住。淡水小物釣りから投げ釣りまでこなすアングラー。

×閉じる

淡水の釣り ヘラブナ釣り

食い渋りのなか本命追加

夢中になり釣ると時間の経つのもあっという間で、すでに時刻は13時過ぎ。途中カラツンに悩まされますが、4枚ほど釣り上げ一旦昼食をとることに。ところが再開したら向かい風が吹き始めて回し振りでのエサ打ちを余儀なくされます。

あれほどアタっていたのに嘘のように静まり返るヘラブナたち……。湖面も流れが出て、ウキトップがシモリはじめて釣りが難しい状況になりました。かんざしタイプのウキがあれば対応できますが、生憎この日はありません。

時折ピタッと風が止むときを狙いウキを注視し続けると、ようやくアタリがありました。エサ落ち目盛り手前まで来てチクっと入る、底釣りの1番気持ちいい理想のアタリです。

短竿『手持ちスタイル』で楽しむヘラブナ釣り 入門にオススメ【宮城】あがりベラに感謝(提供:TSURINEWSライター菅野裕基)

内心「多分あがりベラになるな」と思いながら寄せると、コロンとしたきれいな魚体。相変わらず風が強いためこの魚を最後に納竿しました。強風のコンディションで釣れたコロンとしたあがりベラに感謝です。

ビギナーにオススメ

さて今回は手持ち竿スタイルのヘラブナ釣りを紹介しましたが、これから始めるビギナーの方は道具を揃えるにしても費用が掛かるし、とりあえず経験してみたいというのであればオススメできるかもしれません。

本格的な道具は後々揃えれても全く問題ありません、まずはフナ釣りそのもの楽しさを経験してみては如何でしょうか?

<菅野裕基/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
カッパ池 (底釣り限定)

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。