釣友と楽しむメバリング&アジング フロートリグで連発【熊本・天草】

釣友と楽しむメバリング&アジング フロートリグで連発【熊本・天草】

3月14日、メバルを狙いに上天草市龍ヶ岳方面に釣行。樋島~棚底港をフロートリグで攻め良型本命にアジを釣った当日の模様をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

樋島でアジ&メバリング

3月14日、1か月ほど前に釣り場で知り合った赤木さんと安永さん、それに最近釣り熱が再開しはじめた川田さんの3人とアジ、メバルを狙いに上天草市龍ヶ岳方面に釣行。午後8時、樋島に集合して、まずは仕掛けを作っていく。

釣友と楽しむメバリング&アジング フロートリグで連発【熊本・天草】釣り場周辺略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

タックル&釣り方

使用するタックルはロッドがロンギヌス8.9ftにリールはストラディックSW3000HG、ラインはPEライン0.8号に飛ばしウキ、リーダーは2号40cm、1.2号40cmを電車結びで直結。ジグヘッドはクレイジグ レンジキープ0.4g、ワームはイカ型を装着する。

釣友と楽しむメバリング&アジング フロートリグで連発【熊本・天草】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

タックルを組み立てたら次は釣り方を説明する。遠投し、サミングしながら着水させ4秒に1回転のスピードで巻いてきて沖の流れに付いたメバルを迎撃する。

メバル次々ヒット

火蓋を切ったのは川田さん。20cmクラスのメバルをキャッチ。だが、後が続かず移動。今度は場所を替えて地磯(松ヶ鼻方面)に入る。

流れは左から右、瀬が入っている所にヨレができ、いかにもといった感じ。みんなで遠投し、重点的に攻めると安永さんが小さいながらプロポーション抜群のメバルをキャッチ! 

釣友と楽しむメバリング&アジング フロートリグで連発【熊本・天草】安永さんがキャッチしたメバル(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

コツが分かったのか20cmクラスを3連発!「コツつかみました?アタリ、ダイレクトでしょ?」「ジグヘッドだけで釣るジグ単みたいな感じでアタってきますね、面白いです。この釣り、小さいジグヘッドを遠投できるのもいいです」。

この場所で粘ろうか迷ったがノリ藻が流れてきてしまい、釣りづらい状況になってきてしまったため、最後のポイント棚底港へ。

棚底港ではアジのプチラッシュ

堤防先端の常夜灯周りをチェックしていくとアジのボイル。「明暗部の暗側に投げてゆっくり引いてきて下さい」とアドバイスすると赤木さんにアジがヒット!22cmとまずまずのサイズ。アジの溜まり場にリグが通るのかアジ連発!

釣友と楽しむメバリング&アジング フロートリグで連発【熊本・天草】アジが連発!(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

その横で次は流れの中、リグを止めたままにしていた川田さんにメバルがヒット「止めたら来ました」「それ流れを使ったドリフトって技ですよ」と話していると安永さんも次は湾内でボイルしているアジをキャッチ! 

アジのプチラッシュを堪能(たんのう)したところで寒さも限界を迎え解散することにした。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
棚底港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。