堤防カマスゲームで18匹 バイブレーションには30cm超ヒット【大分】

堤防カマスゲームで18匹 バイブレーションには30cm超ヒット【大分】

3月3日、中潮。大分県津久見市・千怒(ちぬ)港へカマスゲームで釣行した。ワームやバイブレーションで攻め、30cm超えもキャッチできた釣行をレポートする。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

千怒港でカマスゲーム

臼杵や津久見のカマスは30cm超えの良型が多いのが特徴だ。

釣行当日は、数日続いたシケの後で風はないものの、昼ごろまで若干波がある状況。

午後5時から釣り開始。干潮が午後4時ごろ、満潮が10時40分ごろなので、まだまだ水位が低い状態。

堤防カマスゲームで18匹 バイブレーションには30cm超ヒット【大分】怒(ちぬ)港ポイント略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

カマスゲームのタックル

また、ここは手前に藻が多くそこへ潜られてバラしてしまうこともある。そのため、ドラグは強めに設定する。ルアーはジグヘッド3gにグロー系のワームを使用。

堤防カマスゲームで18匹 バイブレーションには30cm超ヒット【大分】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

バイブレーションに30cm超ヒット

基本的に底付近にいるので、そこを重点的に攻めた。着底後、ゆっくりただ巻きするといきなりコツ…コツーンとヒット。小型の23cm級だったが、釣れたことがうれしかった。

1尾目を簡単に釣り上げたが後が続かない。しかも集中力が切れ、ジグヘッドを連続でロストしてしまった。

しばらくすると浮いてきたのか、水面から1mの深さでもヒットするようになった。ワームも変えてみたが、どのワームでも釣れるようになった。

そこで、バイブレーションに変更してみると、コツコツ…ガツーンとヒット。サオをきれいに曲げる良型だ。藻に潜られないように強引に巻き上げていく。上がってきたのは30cm超えの良型だった。

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。